ちょっとした実験〜好奇心から「出来る」へ〜|理科の教育

前回は「知的好奇心を刺激〜やる気を育む〜 」の話でした。

お子様が未就学児〜小学校2年生ぐらいまでの間は、自宅で「ちょっとした実験」をしてみましょう。

自分で実験材料を用意できれば一番いいですが、本屋さんやネットで色々と売っている教材等でもいいでしょう。

ベネッセなどでは、夏に冷凍庫でアイスをつくるなどの教材があります。

こういう「ちょっとした実験」は、とても良いことだと思います。

机の上であれこれ勉強することも大事ですが「なぜだろう?」と不思議に思う心は、特に子どもの間は大事です。

なんでも答えをすぐに得るような学び方は、受験やテストでの成果のみを主眼とする教育においては、効率が良いでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20211004124930j:plain
混色の実験(教育紀行)

コップに蛍光性のある赤・青・緑の溶液を入れて、混ぜてみる「小さな実験」を子供と一緒にした時の写真です。

赤・青・緑は「RGB」 と言われる三原色ですから、原理的には全ての色を作ることができます。

蛍光である必要はありません。

購入する際に他の教材が見当たらなかったことと、

蛍光だと、
楽しそう。

子どもたちが喜ぶかな

と思って購入しました。

それぞれのコップから、少しずつ色を取り出してみると、色々な色が作れます。

大人が見ても結構面白いです。

「赤と青を混ぜるとどうなる?」とお子様に自分で、やってもらいましょう。

実際に目の前で「あれ?色が変わる」という体験が大事です。

「なんでだろう?」と子供は考えて、色々な色を混ぜるでしょう。

好奇心持って学ぶような姿勢は、学力アップにもつながるでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次