MENU

自宅でロケット飛ばそう 8〜失敗から成功へ〜|学研の科学

前回は「自宅でロケット飛ばそう 7〜次は出来るように〜」の話でした。

二回目の発射に向けて、万全期します。

今回は、たくさんの気体を発生させます。

たくさん出せば、
上手くいくかな?

気体は多い方が、
飛びそうだね。

ロケット下部の試験管に、たくさんの気体が溜まりました。

この気体に着火して、ロケットを発射します。

ということは、「気体が多い方がロケットが遠くまで飛ぶ」ことになります。

だいぶ溜まってきました。

いよいよ、発射です。

発射ボタン押してみて。

飛ぶかな?

行くよ!

ボン!という大きな音がして、ロケットが発射しました!

飛んだね!

子どもは嬉しそうです。

「やったら出来る」と思えることは、非常に大事なことです。

もう一回やってみるね!

またセットして、電気分解を始めました。

そして、

もう一回飛ばすね!

今度は大丈夫だよ。

無事、飛びました。

一度成功すると、コツがわかってきます。

最初に失敗した理由は、着火等の問題がなかったので、「気体が不足していた」ことかもしれません。

教材の本に書いてある通りの、気体の量にしましたが、上手く行きませんでした。

他に理由があったかもしれません。

「上手くゆかなかった理由」や「出来なかった理由」は、出来るだけ明らかにして次に繋げる姿勢が大事です。

実験は、なかなか「上手くゆかない理由」が、ハッキリしないことが多いです。

一方で、算数や理科の問題で「出来なかった理由」は、明らかであることが多いです。

中学〜大学受験、あるいは資格試験でも「模試で出来なかった問題」はしっかり習得しましょう。

この姿勢一つで、学力が大きく伸びるでしょう。

とても面白い実験だった、新しい「学研の科学」。

学研の科学(学習研究社)

子どもと理科実験するには、非常に良いので、ぜひお手に取ってみてください。

次号も期待です。

目次
閉じる