MENU

繰り返し解いて、頭を耕して学力を上げよう!|本質的教育

前回は「大きく、雄大に書いてみよう!」でした。

算数の学力を向上させる為の3つ目の方法。

それは、「たくさんの問題や問題集に手を出さず、同じ問題を繰り返し解いて、理解を深めよう!」です。

これは中学受験においても、大事な勉強の仕方です。

お子様が塾に行っている方は、塾が問題を選んでくれています。

塾のテキストやプリントの問題をきちんと解いて、解けなかった問題は繰り返しといて、解答の手法を吸収しましょう。

吸収して、自らのものにするイメージです。

難関校の問題は非常に練られている問題が多く、繰り返し取り組むには最適です。

図形の問題にしても、旅人算の問題にしても、色々な系統の問題があります。

どんなに新しく斬新に感じられる問題でも、必ず似たような問題・類題があります。

限られた味わい深い問題に何度も取り組むことで、きちんとした考え方を学んだ方が、「真の学力向上」につながります。

「頭を耕して学力を上げる」イメージです。

中学受験でも、大学受験でも、膨大な問題を解かせることで、たくさんの解法をストックさせる手法の考え方もあります。

この手法は「限られた時間内で多くの問題を解く」受験においては、ある程度の効果があります。

長期的視野に立った時「頭を耕して学力を上げる」方が、きちんとした学力を身につけられると考えます。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる