MENU

自分で選ばせてみよう|お子様の主体性育んで、自分で考えられる子供に

前回は「中学受験が終わったら」の話でした。

しばらく中学受験の話が続きました。

未就学児〜小学校低学年の本質的教育のコーナーを再開します。

学ぶ力を伸ばし、長い目で見れば、中学受験にも役立つでしょう。

就職して社会人になり・・・と、年齢を経るに従って、一般的には選択できる範囲は狭まります。

例えば、家族と「どこに旅行に行くか?」は、選択できることで、家族で色々と話したりして決めます。

子供には無限の可能性があって、無限の選択肢があります。

親が思うような(「ピアニストにしたい」「スケート選手にしたい」など)人生を歩ませることもあるでしょう。

その場合、他の子供に比べてその子供は一定の限られた選択肢の中で生きることになります。

それはまた幸せにつながるかもしれないですし、どうなるかは本人次第だと思います。

小さな子供は、理科が好きだったり、体育が好きだったり、本能的に「好き」なことを選びます。

小学校高学年からは、子供なりに色々と考えます。

「どの部活動に入ろうか?」「友達と一緒に入ろうかな?」とか。

二つ、あるいはそれ以上に分かれた道が、次々と現れてきます。

その時に主体性持って生きて行けるかは、小さな頃の「小さな事を決める」ことから始まります。

「選ぶ力」は中学受験においても、とても重要です。

特に難関校を受験する際、算数で出題された問題全てに回答するお子様は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。

「自分の得意な問題」か「解きやすい問題」を選ぶ視点はとても重要です。

「自ら選ぶ姿勢」は中学受験突破力にもつながります。

ぜひ小さなことで、お子様に主体性持たせてみてください。

ケーキ屋さんに行ったら、「どのケーキ食べたい?」と聞くお母様が多いと思います。

同じ感じで「どれがいい?」となんでも聞いてみて、お子様にちょっと考えてもらいましょう。

頭脳も筋肉と一緒で、使えば使うほど強くなります。

異なる道を選んだ時に、どんな自分の将来を思い描きながら、子供たちが成長するのでしょう。

それを見ることは親として楽しいです。

そして、お子様にとっても将来に渡りずっと、とても大事なことになるでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる