ペーパークラフトを楽しもう 6〜仕組みを理解 2〜|鍛える創造力

前回は「ペーパークラフトを楽しもう 5〜仕組みを理解 1〜」の話でした。

ペーパークラフト戦艦大和の「骨組」がしっかり作られて、いよいよ佳境になります。

甲板を貼ってゆきます。

後側の甲板のパーツを貼り付けます。

このパーツは複雑な形状ですが、大きイノで子どもに切ってもらいました。

これは、大きいから切ってみな。

ゆっくりでいいから、
丁寧に切ってみよう。

うん。やってみるね。

上手く切れたね。

難しかったよ。

入隅部分は、少し切り残しがありますが、ハサミで切るのは難しいので、カッターで切ります。

ボンドつけるから、
貼ってみて。

うん。
やってみるよ。

きれいに貼れたね。

うん。
出来るようになってきた。

「難しい」と思うことも、「やってみたら出来る」ことが多いのが現実です。

「出来ない」と思っていて、やらないと「出来ないまま」になってしまうでしょう。

また、小さなパーツが出てきました。

鉛筆よりも、大分小さなパーツです。

これは僕が切るね。

僕が切って、僕が作ると思っている子ども。

作ってみて。

え〜。
出来ないよ。

一つ作るから、真似してみて。

うん・・・

明らかに気が乗らなそうですが、やってもらいます。

丸い鉛筆で少し慣らして、曲がりクセをつけて、接着です。

小さくて、難しいよ・・・

丁寧に、作ってみよう。

小さなパーツの接着面は、ピンセットで挟んで、数秒〜10秒程待っていると付きます。

あっ、出来たよ。

やれば、出来るじゃない。

他のも、やってみよう。

うん。

完成したパーツも非常に小さいですが、なんとか小学生2年生の子どもが作成しました。

上手く出来ているよ。

なんとか、出来たよ。

中学〜大学受験においても、「合格できないかも」とか「出来ないかも」とは思わないことです。

そう思っていると、「心が出来ない」と思っているので、良い方向に行かないでしょう。

実の兄弟や、知っているお兄さん・お姉さんが、志望校に合格すると「僕・私も出来るかも」と思えます。

そういう実例がある方の方が、「結果に強い」のが現実でしょう。

そういう方が身近にいらっしゃなければ、合格体験記等で、自分なりに「合格する」「出来る」と思うことが大事です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次