MENU

今こそ日露の歴史を振り返ろう|歴史・時事問題

前回は「来年の中学受験へ〜麻布中学の入試問題から〜」の話でした。

ロシアのウクライナ侵攻は「痛ましい」や「悲劇」という次元を超えておりますが、「現実にロシア軍が侵攻」しています。

「ロシアと日本の歴史的な関係」は実は結構深いのです。

一般的には「日露戦争で勝った」と「第二次世界大戦で北方領土を取られた」くらいかと思います。

来年の中学入試の時事問題に、この「ロシアのウクライナ侵攻」が出るかはわかりません。

今後の状況次第で、内容が内容だけに「出題しにくい」のが実情と考えます。

f:id:Yoshitaka77:20220127154906j:plain
児玉源太郎 満州軍総参謀長(国立国会図書館)

現代世界の地政学に極めて大きな影響を与える以上、出題の可能性があります。

歴史と時事問題対策として、知っておいた方が良いでしょう。

今こそ、日露の歴史などを学びましょう。

ウクライナ侵攻のニュース・新聞を日々見る今だからこそ、入試対策と同時に、様々なことを考える思考力が鍛えられます。

以前、日露戦争の序盤の話〜日本海海戦の話を書きました。

細かい話も多いですが、日露関係をイメージするには良いと思います。

日本にとって、ロシアの存在は「現代よりはるかに大きい存在」でした。

その中、あえて開戦の道を選んだ日本政府・陸海軍は必死の思いだったのです。

世界各国の国には「国柄」や「国の性格」があります。

日露戦争では、ロシアという「国の性格」がよく分かりますが、当時も今も同じ雰囲気です。

「バルチック艦隊の動き」はかなり細かい知識ですが、知っていると、より深く理解できるでしょう。

日清間で結ばれた条約に対して、「関係のない」ロシアが他の国を巻き込んで日本に「勝手な要求をしてきた」三国干渉。

日本的感覚からすると「信じられない横暴・暴挙」でした。

対して、ロシアは昔からこういうことが当然であり、米国・英国等とは究極的に異なる存在です。

日本的な感覚で考えることが難しいお国柄なのです。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる