MENU

動くプラモデルを作ろう 1〜モーターの仕組〜

前回は「プラモデルから仕組みを理解しよう」の話でした。

プラモデルを作ると、分解しても自分で復元できる話でした。

今回は、モーターのあるプラモデルの話です。

タミヤの「楽しい工作シリーズ」の話です。

僕は小さな頃から、プラモデルや工作が好きだったので、昔からタミヤは大好きです。

今回は、「楽しい工作シリーズ」のウサギの話です。

モーター、スイッチ、そして体や足を組み立てます。

横から見てみると、下にモーター・ギアがあって、それらが組み合わさって動力ができているのが分かります。

ちょっと昔に作ったので、足をつなぐ針金が曲がっています。

タミヤらしいところは、この「スイッチ自体を作成する」ところです。

普通の感覚では、スイッチは「セットで入っているもの」ですが、この小さなスイッチを小さなパーツから組み立てます。

スイッチ部分を拡大してみてみると、結構細かいです。

透明なボックスに、スイッチや金物を組み合わせて、2mmほどのビスで止めます。

このくらいのサイズのビスになると、かなり慎重に作成する必要があります。

すごく小さいね。

このあたりは子どもは作れませんから、大人が作ってあげますが、

ほら、ここにこれを入れて、ビスで止めるんだよ。

ふーん。

「ふーん」で終わりですが、仕組みを見せて、説明してみましょう。

モーターについた小さなギアが、大きなギアに接続して、回転が伝わってゆきます。

このモーターが回ると、これが動いて、ここも動くね。

ふーん。

あまり理解はしてないでしょうが、目の前で見せる・体験することは大事です。

このギアのつながりは、基本的な構成かもしれませんが、よく見ると非常に面白いです。

自動車も、こういう感じでタイヤが
回っているんだよ。

そうなんだ。

こういうおもちゃを、子どもと作るときは、「おもちゃ」の世界で終わりではなく、実社会での話もしてあげましょう。

前後の足を針金で組み合わせて、トコトコ走ります。

走らせてみると、結構早いです。

電気の話をしましたが、電圧と電流の話をしてあげても良いかもしれません。

このウサギは、だいぶ前に作成したのでちょっと古びてしまっていますが、また作ろうと思います。

子どもと一緒に楽しめて、原理が分かるタミヤの「楽しい工作シリーズ」は、多くが1000円以下です。

子どもに、どれを作りたいか聞いてみましょう。

どれがいい?

これがいい!

このシリーズは非常に面白く、子どもの教育には最善と思います。

またご紹介します。

目次
閉じる