MENU

社会の知識チェック問題 12〜優れた実行力を持つ明治の政治家〜|中学受験の歴史

前回は「社会の知識チェック問題 11〜明治海軍の立役者〜」でした。

少し細かい知識です。

分からなかったら、「知らなかったけど、ここで覚えよう!」とポジティブな気持ちになって下さい。

次の人物を答えて下さい

医師となり内務省へ進み、日本統治下の台湾でインフラ建設を大きく進めることに貢献。

後に政治家となり、満鉄(南満州鉄道)総裁、内務大臣・外務大臣、東京市長などを歴任して手腕を発揮。

関東大震災発生直後から帝都復興院総裁となり、東京(帝都)復興に尽力。

f:id:Yoshitaka77:20220107103028j:plain

答えは後藤新平です。

f:id:Yoshitaka77:20220122072425j:plain
後藤新平(Wikipedia)

医師となり、内務省に入りドイツに留学します。

若い頃から優秀であった後藤新平は、台湾総督となった児玉源太郎に目をつけられて、抜擢されます。

f:id:Yoshitaka77:20220109062514j:plain
児玉源太郎(国立国会図書館)

児玉源太郎台湾総督の右腕となり民政局長として、台湾のインフラ建設を強引に進めます。

後にその強引な性格や壮大な計画を立てる事から「大風呂敷」とあだ名された後藤でしたが、この頃からその「強引さ」が現れています。

児玉はこの後勃発した日露戦争で、満州軍総参謀長となり日本勝利に導きます。

1906年に当時中国東北部にあった南満州鉄道(満鉄)の初代総裁に就任すると、30代〜40代の若手をどんどん抜擢し、満州のインフラ整備・衛生整備に尽力します。

若手抜擢には反発もありましたが、強引な後藤新平は「満州は午前8時の人材で運営するのだ!」と反対を突っぱねて、押し切ります。

その後、内務大臣・外務大臣・逓信大臣などの要職を歴任します。

山本権兵衛内閣では、組閣中に発生した関東大震災を受けて、内務大臣兼帝都復興院総裁に就任します。

f:id:Yoshitaka77:20220121141208j:plain
山本権兵衛(国立国会図書館)

関東大震災では10万人以上の方が亡くなり、東京中心部は壊滅状態になります。

f:id:Yoshitaka77:20220122074622j:plain
関東大震災 神田から日本橋(Wikipedia)

帝都(東京)復興院総裁となった後藤は、「東京を改造して、新しい都市づくりをしよう」と意気込み、パリのような街にしようと試みます。

地権者の反対等もあったため、後藤が考えたような東京改造の大部分は頓挫してしまいますが、東京再生に大きな貢献をしました。

優秀な官僚であり、政治家でもあった後藤新平の能力は非常に多岐に渡ります。

日本国内のみならず、海外からも様々な表彰を受けた後藤は、様々な分野で大活躍しました。

目次
閉じる