MENU

社会の知識チェック問題 5〜人物と出来事の関連を確認しよう!〜|中学受験の歴史

前回は「社会の知識チェック問題 4〜少し細かな知識も覚えておこう!〜」でした。

今回は、幕末の人物・事件です。

下記1〜3の人物・出来事を漢字で答えて下さい

1.幕末の長州藩の人物で松下村塾で学ぶ。

徳川幕府が長州征討を決定し、長州藩が幕軍から侵攻される際、藩兵・民兵を率いて幕軍を撃退。

海軍総督として長州藩を支えるが若くして病死。

2.徳川幕府が長州征討を決定した原因で、長州藩が京へ侵攻した事件。

3.1の人物が組織した民兵の名称。

f:id:Yoshitaka77:20220107103028j:plain

1は高杉晋作です。

f:id:Yoshitaka77:20220109075716j:plain
高杉晋作(国立国会図書館)

晋作の晋の字は、安倍元首相の安倍晋三の晋と同じです。

幕末を疾風怒濤の如く駆け抜けた高杉晋作は、長州藩内部で俗論党に押されて一度失脚します。

最終的に長州藩の軍事の中心人物となって、長州藩を支えます。

久坂玄瑞と共に「松下村塾で特に松陰に目をかけられた優等生」でした。

f:id:Yoshitaka77:20220109080229j:plain
久坂玄瑞(Wikipedia)

2は「禁門の変」あるいは「蛤御門の変」です。

京都から駆逐された長州藩が激昂して、御所へ攻め込んだ大事件です。

この時、徳川幕府や会津藩と一緒に、長州藩を撃退したのが西郷率いる薩摩藩です。

f:id:Yoshitaka77:20211216131412j:plain
西郷隆盛(Wikipedia)

もともと「勝ち目のない戦い」を仕掛けた長州藩は幕軍・会津軍・薩摩軍等に猛反撃されて撃退されます。

首謀者の一人、久坂玄瑞は若くして、責任をとって自決(自殺)します。

御所への出撃に猛反対していた桂小五郎(後の木戸孝允)。

乞食の如く身をやつし、辛くも京から本国・長州へ逃げます。

長州藩の若手筆頭的立場であった久坂が自決に追い込まれ、自分も死ぬような思いをした木戸。

木戸孝允が西郷を憎むのは当然でした。

f:id:Yoshitaka77:20220107104226j:plain
木戸孝允(Wikipedia)

3は奇兵隊です。

f:id:Yoshitaka77:20220109081105j:plain
奇兵隊(Wikipedia)

この時、高杉の補佐をしていたのが、奇兵隊の軍監をしていたのが山縣狂介、後の山縣有朋でした。

高杉死後、明治新政府で陸軍卿、内閣総理大臣となり「日本陸軍の法皇」と言われるほど強力な権力を持ちました。

f:id:Yoshitaka77:20220109081223j:plain
山縣有朋(国立国会図書館)
目次
閉じる