山川捨松 8~急展開〜|戊辰戦争

前回は「山川捨松 7~会津が中心へ〜」の話でした。

山川(大山)捨松(Wikipedia)
目次

長州藩追い落としへ

幕末で尊王攘夷の嵐が吹き荒れている中、長州藩が朝廷とタッグを組んでいました。

過激派の巣窟であった長州。

会津藩主 松平 容保(Wikipedia)

長州の連中を、
なんとかせねば。

そして、幕府側は長州派公卿七名を京都から追い出します。

七卿落ち(wikipedia)

これで、過激派・長州の力を、
封じ込めた!

これに長州藩は、激怒します。

長州藩士 久坂 玄瑞(Wikipedia)

ふざけるな!

俺たちは、日本のために
攘夷を進めているのだ。

孝明天皇も、
攘夷急先鋒だ。

禁門の変

元々過激派軍団だった長州。

「追い出される」という事態に、激怒を通り越して沸騰してしまいます。

こうなったら、
京へ攻め込む!

そして、朝廷を説得して、
天皇に味方について頂く!

なんと、首都・京へ侵攻することを真剣に考えます。

長州藩士 桂小五郎(木戸孝允)(国立国会図書館)

やめておけ!

冷静な桂小五郎(木戸孝允)は、猛反対します。

そんなことやっても、
絶対成功しない。

負けたら、
長州は終わる・・・

頼む!

頼むから、久坂!
やめてくれ!

もう、引っ込みは
つかない!

やるしかないのだ!

会津藩、京の防衛成功

御所へ攻め込め!

本気で、御所に攻め込んだ長州藩。

御所へ攻め込む?

こいつら、
正気か?

ゆけゆけ!

京へ進軍してきた長州軍の様子を、注意深く観察し、防衛体制を整える会津。

本気なのか?

頼みになる友軍がいました。

西郷 隆盛(国立国会図書館)

御所の防衛に、
薩摩も加わります。

最強の薩摩が一緒なのは、
心強い!

禁門の変(Wikipedia)

1864年、御所の禁門(蛤御門)に攻め込んできた長州。

会津と薩摩が中心となり、長州藩を撃退します。

無念・・・

責任をとって、長州藩若手の希望の星、久坂玄瑞は自害します。

京を防衛した!

孝明天皇の信頼に
応えたぞ!

藩主・松平容保ならず、会津藩全体が誇りに思う事態となります。

嬉しいわ。

このまま、時代が落ち着けば、松平容保率いる会津は、平穏な人生となりました。

しかし、「信じ難い事態」が連鎖する時代のうねりに巻き込まれ、山川捨松もまた数奇な人生となります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次