MENU

「なんとしても合格する!」という熱意で|中学受験合格へ

前回は「深く自分を信じる〜そして合格へ〜」でした。

今回は松下幸之助です。

松下幸之助社長・創業者(Wikipedia)

偉大な発明家でもあり実業家でもある松下幸之助社長。

「経営の神様」とも言われ、「経営者なら必ず読む」と言われる本も多数あります。

大阪で松下電気器具製作所(現 パナソニック)を設立して社長に就任します。

革新的な電気ソケットや乾電池を生み出し、日本の製造界・実業界に非常に大きな貢献をしました。

家電等、身の回りにはパナソニック製品が数多くあります。

f:id:Yoshitaka77:20220121134827j:plain

松下幸之助社長は次のようなことを言っています。

なんとしても2階へ上がりたい。
どうしても2階へ上がろう。
この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。
「上がっても上がらなくても」と考えている人の頭からは、
決してハシゴは生まれない。

自信持って、自分を深く信じて「なんとしても合格する!」と思って、当日試験場へゆきましょう。

算数などで少し解けなくても、冷静に考えましょう。

「知らないこと」は「これは分からないけど、他の問題はきちんと解いて、得点しよう」と考えましょう。

そのような考え方が合格する可能性を大きく引き上げるでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる