MENU

もう一踏ん張り!|合格へ

前回は「小さなことを積み重ねよう〜あとほんの少し学力アップして合格しよう!〜」でした。

今回は新渡戸稲造です。

五千円札の肖像画にもなった「日本人に非常に馴染みある人物」です。

f:id:Yoshitaka77:20220118125818j:plain
新渡戸稲造(Wikipedia)

札幌農学校(北海道大学)で学び、一時は北海道庁に就職した新渡戸は帝国大学(東京大学)へ入学します。

しかし、当時の東大は農業の本場の北大よりもレベルが低かったらしく、退学して一念発起して米国ジョンズ・ホプキンス大学へ留学します。

ドイツなどにも行き、最後は国際連盟事務次長を務めました。

最も大きな功績は英語で”Bushido(武士道)”を書き、日本の精神を海外に紹介したことでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20220118130109j:plain
Bushido(武士道)( Wikipedia)

新渡戸は下記のようなことを言っています。

井を掘りて一尺で出る水を
掘らずに出ぬといふ人ぞうき(憂き)

井戸を掘って掘って、「もう出ないのでは」と不安になってやめてしまわないように戒めているのです。

今、少し不安で「本当に合格するだろうか」と不安になっているお子様・親御様がいらっしゃるかもしれません。

足元の井戸を掘る気持ちで、もう一踏ん張りしてみましょう。

新渡戸の言う通り、もう少しあと少し頑張ってみて、合格に辿り着きましょう。

目次
閉じる