自分の学力を信じてみよう〜偏差値・合格率が上がらない時〜|中学受験

前回は「楽観的に、元気に、健やかに入試本番を迎えよう!〜チャーチル英首相の言葉に励まされよう!〜」でした。

Ernest Hemingway(Wikipedia)

関西圏の中学校する受験生は、入試当日まで一月ほどとなりました。

焦らずに、健康に過ごして当日をお迎え下さい。

際立った学力をお持ちのお子様で、「このまま行けば志望校合格間違いなし」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そういう方は全体の1%ほどですから、大抵の中学受験を控えるお子様・親御様は皆不安です。

昔、僕も不安な99%の方にいて

果たして、
このまま当日迎えて大丈夫だろうか?

と、日々不安に感じていたものです。

もう30年以上前のことですが、当時の気持ちはなんとなく覚えているものですね。

勉強すればするほど、今度は「あれも出来てない。」「これも覚えなければ。」となります。

そして、「分かってない部分が出てきて」焦ってしまう気持ちになりがちです。

f:id:Yoshitaka77:20211203135122j:plain

落ち着いて考えてみてください。

模試も当日の試験も、出された試験問題を全部できる必要はもちろんないのです。

当日に自分が出来る問題がちゃんと出来て、合計点が志望校が望む点を上回れば良いのです。

今持っている自分の学力を信じて、直前期にもう少し学力あげてみましょう。

偉大な作家・詩人のアーネスト・ヘミングウェイは下記のような言葉を残しています。

今は”ないもの”について
考えるときではない。

 ”今あるもの”で、何ができるか
考える時である。

「ないもの=まだ自信がいまひとつ持てない分野」ばかり考える前に、大事なこと。

「あるもの=すでにある程度できて、自身がある分野」を肯定し、自信持ちましょう。

算数のある分野が得意でしたら、

僕は、
ここは大丈夫!

と考えてましょう。

社会の歴史か地理のどちらか得意でしたら

私は、歴史は
大丈夫だから・・・

地理を、
もう少しやってみよう!

僕は社会で歴史は大得意でしたが、地理は全然良くなくて、

このままでは、
まずい・・・

と落ち込みました。

地理は、特に直前期に「得意にはならなくても、合格するためのラインは下回らないように」なんとか頑張りました。

「地理ではギリギリのラインで良いから、得意な歴史で大きく挽回しよう!」と。

現在自分の持てる力を信じて、合格向けてもう少し突き進んでみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次