アインシュタイン 8〜エリートコースへ〜|成績

前回は「アインシュタイン 7〜読書とサイエンス〜」の話でした。

科学者 Albert Einstein(Wikipedia)
目次

エリートコースへ

小学校で「のろま」と教師に言われたアインシュタイン少年。

通俗自然科学読本(1873年刊)(週間100人 No.3アインシュタイン ディアゴスティーニ)

周囲には、

アインシュタインは、
見どころがある。

と評価してくれる人もおり、サイエンスの本を読んで、スクスク育ちます。

本を読むのが好きなのが、
悪いの?

人と接することは得意ではなかった、アインシュタイン少年。

とびきり優秀ではありませんでしたが、大好きだった理科や算数が得意な少年でした。

ギムナジウムへ

アインシュタインの父・ヘルマンは、若い頃に数学が得意で、一種の才能を持っていました。

しかし、大きな財産のないユダヤ人であったヘルマンにとって、大学は遠い道だったのです。

アルバートには、
大学へ進んで欲しい。

と考えた両親は、アインシュタインをギムナジウムへ入れます。

米国・ドイツの教育制度(武蔵中学 2022年社会)

当時のドイツの学校制度は、現代の日本とは大きく異なりました。

小学校の次に進む学校は、進む道によって大きく分かれていたのです。

中でも、ギムナジウムは「大学を目指すための学校」であり、エリートコースでした。

短大を含めると、日本の大学進学率は、現在男女共に58%程度です。

現代では「普通」である大学進学。

当時のドイツ・日本においては、「大学へ行くこと自体がエリート」でした。

中学生の学校生活

14歳のアインシュタイン(図説 アインシュタイン 監修:金子務 文:千葉透 河出書房新書)

14歳のアインシュタイン。

小さな頃と似た可愛らしい少年です。

のちに大天才となるも、この頃は「少し優秀な、どこにでもいる」少年だったアインシュタイン。

ギムナジウムで、アインシュタインは青春を謳歌するはずでした。

中学校だ!

好きなサイエンスを
どんどん学ぶぞ!

ハイテンションでギムナジウムに入学したアインシュタイン。

でも、アインシュタインが考えていた雰囲気とは、だいぶ違いました。

生徒は教師を
尊敬しなければならない!

えっ?

威圧的な教師が多く、アインシュタインは戸惑います。

ドイツ宰相Otto von Bismarck(Wikipedia)

ビスマルクが主導した帝国主義が濃厚なドイツの国情を反映し、軍隊のような学校だったのです。

学校では、
集団行動第一!

えっ?

どちらかというと内向的なアインシュタインは、集団行動が苦手です。

これとこれを
覚えなさい!

えっ?

さらに、「ひたすら暗記」のような教育に、アインシュタイン少年は困り果ててしまいます。

こんなはずじゃ・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次