「間に合う」と思う気持ち 2〜初心を貫く〜|中学受験

前回は「「間に合う」と思う気持ち 1〜心の持ち方〜」でした。

今回は世阿弥の言葉です。

世阿弥は、室町幕府の足利義満将軍の頃に活躍しました。

そして、能の奥義をまとめた「風姿花伝」を著したのです。

能は日本の伝統芸能の非常に重要な一つです。

世界に対して日本の文化を発信するにあたり、世阿弥の功績は計り知れないものがあります。

世阿弥は、こう言っています。

ただ、返すがえす
初心忘るべからず

f:id:Yoshitaka77:20211208164126j:plain

中学受験生のお子様にもぜひ「初心忘るべからず」当日まで過ごして欲しいと思います。

ここまでやってきたのです。

もう少し「初心」を固く守って、日々過ごしましょう。

少しでも学力を高めて、健康に過ごして試験当日へ向かってゆきましょう。

そして合格を勝ち取りましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次