MENU

もう少しだけ耐えて、飛翔しよう!〜忍耐は人を磨く〜|中学受験合格へ

前回は「『自分の学力・今までしてきたこと』を頼りに進もう〜合格への道は自分で照らそう〜」でした。

寒くなりましたから、健康第一で入試当日まで頑張りましょう。

明治維新を成し遂げた一人、岩倉具視は大変なやり手の人物です。

ちょっと強引なところが多いですが、変革期にはああいう人物が必要なのでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20220107104137j:plain
岩倉使節団(Wikipedia)岩倉具視は中央

この写真を見ると、岩倉独特の超ド迫力が写真越しに伝わってくるかの如くです。

内務卿となって官僚達から恐れられた大久保利通(右端)すら岩倉に比べると、少し迫力不足にすら感じられます。

f:id:Yoshitaka77:20220105165100j:plain
大久保利通(国立国会図書館)

大久保はその極めて優れた頭脳と、静かな迫力で明治新政府をグイグイ引っ張ってゆきました。

廊下で「コンコン」と大久保らしき人物の靴音が聞こえた時。

官僚たちは「皆緊張して、静まってシーンとした」という逸話があるほどです。

f:id:Yoshitaka77:20211203135122j:plain

岩倉はこんなことを言っています。

時日と忍耐とは
桑葉をして絨毯に変ぜし

岩倉のド迫力は、生まれながらのこともあるでしょうが、彼が大きな挫折を経験したことも大きな理由です。

公家の中で異例のやり手だった岩倉は、政争にやぶれて一時は政治生命が絶たれて、40前後の5年ほど蟄居されられます。

そこから復活して、新政府の中心人物となったのです。

f:id:Yoshitaka77:20220107161429j:plain
岩倉具視(Wikipedia)

一時は失脚・島流しになった西郷隆盛とも似ている部分があり、「明治新政府2大ド迫力男」と呼んでもよいでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20211227182045j:plain
西郷隆盛(国立国会図書館)

お子様も親御様も、今少し忍耐が必要な時です。

もうすぐその忍耐が「合格」という大いなる結果に結びつき、長い目では、お子様の大きな成長の一つになるでしょう。

もう少しだけ頑張って、合格を勝ち取りましょう!

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる