東京の成り立ちを知ろう 5〜秀吉と家康〜|江戸から東京へ

前回は「東京の成り立ちを知ろう 4〜江戸の行方〜」の話でした。

戦国大名 豊臣 秀吉(Wikipedia)

北条家を叩き潰すことを決意した秀吉。

北条家の旧領土は、
家康に任せよう!

と思いつきます。

当時、北条と戦う前から「豊臣秀吉の天下」は確定していました。

戦国大名 伊達 政宗(Wikipedia)

悩みに悩んだ政宗もまた、秀吉の軍門に降ります。

すみません・・・

信長の跡を継いで、天下統一を成し遂げた秀吉。

しかし、秀吉の死後は、どうなるか分かりません。

信長様の死後、
私は織田家を乗っ取った。

本能寺の変で信長が横死し、明智光秀を討った秀吉。

信長の長男・織田信忠も自害していましたが、次男・信雄、三男・信孝がいました。

しかし、秀吉は巧みに彼らを排除して、天下を手にしたのです。

私の死後・・・

豊臣家を潰しにかかる可能性が
あるのは、ただ一人・・・

戦国大名 徳川 家康(Wikipedia)

徳川家康のみだ!

後に、「信長・秀吉・家康と同等の能力」を有すると評価される伊達政宗。

戦国大名 伊達 政宗(Wikipedia)

まだ23歳の伊達政宗の能力は、まだ「未知数」でした。

そのため、当時はそれほど重視されていませんでした。

家康を、馴染みのある
地域から移動させよう。

家康の地盤を、
無くしてしまおう。

さすれば、徳川家の力は
大きく減退する!

1585年頃の勢力図(別冊歴史人 「戦国武将の全国勢力変遷地図」KKベストセラーズ)

徳川殿!

なんでしょう?

徳川殿は、今回大変良く
働いてくれました。

褒美に、北条の領土だった
関東を差し上げましょう!

家康は、秀吉の魂胆を見抜きます。

なんだと?

徳川家を、由来ある
遠江・三河から移動させるつもりだな。

いえいえ。
私など、何もしてませんから。

実際、徳川軍は北条攻めにおいて、大した働きをしていません。

謙遜されますな。

徳川殿あって、
我が豊臣の天下が定まったのです。

いえいえ。

秀吉殿の家臣に、
差し上げるのが良いでしょう。

徳川殿。
100万石アップですぞ!

150万石から250万石!

確かに、
石高は大きくアップする。

しかし、商業は小京都とも言われる
駿河の方が遥かに良い。

しかも、
浜松の方が、港も栄えている。

江戸時代には「水の都」と呼ばれる江戸は、港としても後進地域でした。

「港としてのレベル」というより、経済圏が「京都中心」だったのです。

今の領土の方が、
遥かに良い。

というか、私は出身地の三河が、
大好きなのだ!

関東へ移封させられるのは、
なんとしても避けねば!

我が家臣たちにも、
言い訳が立たない!

私ごときに、
もったいないです!

必死に抵抗する家康。

当時、北海道は蝦夷と呼ばれ、「遠い存在」でした。

京・山城や摂津に近い四国の阿波(徳島県)・讃岐(香川県)は、関東よりも進んでいたのです。

京・山城を中心とした「先進地域」から、いわば「圏外」であった関東と江戸。

京都が中心・重心の日本列島(新教育紀行)

当時の関東・江戸は、京など上方よりも「遥かに見劣りする地域」だったのでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次