MENU

早起きして算数を復習しよう!|中学受験

前回は「本質的教育の考え方で、学力上げよう!」でした。

今回は小学校6年生のお子様が、これから受験当日を迎えるまでの話です。

実践している方は多いかと思いますが、早起きして算数をやりましょう。

中学受験において算数で失敗すると、他の科目で挽回するのは、比較的困難です。

算数が得意な子は算数で得点を大きく稼ぎ、算数が得意ではない子は「算数で他の子に大きく差をつけられない」程度の学力を身につけましょう。

新しい問題を解くのも良いですが「復習」「出来なかった問題を解き直す」ことを中心にしましょう。

朝の頭が冴えている早朝に、とても新しい問題を解くのは良いことです。

「出来なかった問題」や「不得意な分野の問題」も取り組んでみましょう。

朝に勉強したこと内容は、その後小学校に行って半日過ごしている間に、無意識のうちに頭の中を反芻します。

学校でなにげなく過ごしている間に解けなかった問題の解法が、頭の中で発展・蓄積されてゆくのです。

そして、それらの解法が頭の中で結びついてゆきます。

解けなかった問題のプリントか、親御様が自筆でノートに書いて、それを子供に解かせてみましょう。

お子様が自分で選ぶのも良いですが、子供は「自分にとってやりやすい問題」を選んでしまう傾向があります。

親御様は、お子様の得意・不得意を把握されているでしょうから、親御様が選ぶのも良いと思います。

一番良いのは6時に起床して、1時間ほど算数を復習することだと思います。

ぜひ実践してみてください。

大きな効果となり、算数の学力がグーっと上がるでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる