MENU

細かなプラモデルを作ろう 5〜丁寧に接着しよう 3〜

前回は「細かなプラモデルを作ろう 4〜丁寧に接着しよう 2〜」の話でした。

駆逐艦のプラモデルの作成が続きます。

出来てきたね。

もう少しだね。

子どもは嬉しそうです。

プラモデルなどの「製作物」は、この出来上がってゆくプロセスが、非常に楽しいところです。

大砲の向きは、
これでいい?

うん。
いいじゃない。

「自分なりに考えて」大砲の向きを設定して、接着するのが、楽しいようです。

「きちんと説明書通りに製作する」ことも大事なことですが、このように「自分なりにアレンジ」するのも大事です。

続けて、船の中央部分を作成してゆきます。

こうかな?

このプラモデルは、基本的には「中学生〜」が対象となりますが、コツが掴めると小学生でも作れます。

説明書を読むと「難しそう」と感じますが、実際に一つ一つ接着してみると「出来る」のです。

これは、勉強でも似た面があるでしょう。

特に算数・数学は、難しい問題をみると「難しそう」と感じてしまい、少し及び腰になってしまいます。

難しい問題も、「一つ一つ丁寧に考えてゆく」ことが大事です。

「一つ一つ丁寧に」には、時間がかかるので、「時間制限のある試験でいかに解くか」は、ある程度経験が必要です。

「思考力」をつけるには、経験を積み重ねることが大事ですが、プラモデル製作も似ています。

地道にしっかりと制作してゆく、プラモデル製作は、子どもにとって非常に大きな経験・財産になるでしょう。

製作する過程で身につけるコツは、非常に大事です。

プラモデルでも勉強でも、なんでも「コツ」があり、それを「教わることは可能」です。

最も良いのは、「自分なりのコツ」を発見することです。

「自分なりのコツ」は、個性そのもので、自分で発見しただけに「忘れない」のです。

大事な「自分なりのコツ」を見つけてもらえるような教育が、最も望ましいと思います。

目次
閉じる