仕組みの理解と発展〜てんびん算のと食塩水の濃度〜|中学受験の算数

前回は「『なぜ?』と仕組み〜てんびん算と食塩水〜」でした。

このコンセプトは、実社会でも大変有効です。

例えば、株式投資をしていて、ある株を100円で300株購入したとします。

その後、同株が急落し79円になったとします。

20%以上の含み損を抱え、頭を抱えてしまいますが、株価はまた戻るかもしれませんし、さらに上昇するかもしれません。

場合によっては、下落した時はチャンスですね。

どのくらいの株を購入して、購入金額を下げるのが良いでしょうか。

てんびん算

本質的には「混ぜること」=「バランスをとること」

この時、てんびん算のコンセプトが生きます。

ここでは、思い切って400株購入して、取得株価を下げましょう。

食塩水の時と同様に、今回は株価を濃度と同じように考えて、株数を水量と考えます。

f:id:Yoshitaka77:20211011114609j:plain

100円の時の300株より多いので、79円と100円の中央の89.5円よりは下がりそうですね。

食塩水の時と同じように、株数でバランスが取られ、釣り合います。

f:id:Yoshitaka77:20211011114624j:plain

ここで、100-79=21円を3:4 に按分するので、21/7=3円となり、釣り合いの株価は

79+3×3=88円となります。

f:id:Yoshitaka77:20211011114636j:plain

実際の株式投資の際には、これほど綺麗な数字にならないことが多いです。

大まかな数字を頭に描くことは、時間も掛からず大変有効です。

株式投資に限らず、取引先との交渉等色々な実社会で、このコンセプトは役立ちます。

実生活で高校生の時に習う微分積分を使用することは、まず考えらません。

このように基本的な算数の考え方は、知っておくと重宝します。

f:id:Yoshitaka77:20220116075903j:plain

このような「本質的なコンセプト」を頭で考えながら仕事したり、生活してみるのも面白いです。

子どもが中学校受験の勉強をしている時は、一緒に考えられます。

せっかく学んだ算数を、ただ「受験のため」にするではなく、活用する方法があります。

学んだことを様々に展開することは、頭を使うので能力の向上につながりますし、なにより楽しいですね。

「てんびん算のコンセプト」に限らず、色々な考え方を頭で思い描いて、楽しみながら学べると一番良いですしょう。

そして、お子様の知的好奇心が大いに刺激されることでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次