MENU

Gグループ中学志望のお子様へ 6|中学への算数5月号

前回は「Gグループ中学志望のお子様へ 5」の話でした。

5月13日

平均を題材にした面白い問題です。

「グループを分ける」というシンプルな設定で、「グループをこう分けたら、どうなるかな。こうなるかな。」と考えながらやってみましょう。

解答のように未知数を設定するのが分かりやすいですが、未知数を設定しないで「算数的発想」でも考えてみましょう。

5月17日

年齢を題材にした頻出タイプです。

「変わらない差」をしっかり押さえて、棒グラフを書いたりイメージ膨らませてみましょう。

「これは解ける」と言うお子様も、すぐに立式するだけでなく、状況を棒グラフや表にまとめてみましょう。

日頃の勉強で地道に「描いたり・じっくり考えたりすること」が「イメージを描く」力に結びつきます。

そうすると、「頭の中でパッと」イメージできる力が養われます。

f:id:Yoshitaka77:20220104154550j:plain

5月27日

ケーキ屋さんの問題で、非常に面白いです。

途中までの問題が最後の問題のヒントになっています。

「前の問題がヒントになっている」ことが多いのですが、ヒント以外にも、自分で色々と考えてみましょう。

解答では非常にスマートに解いています。

すんなり理解するのは難しい場合、具体例を試してみましょう。

自分で表を書いてみるのも良いでしょう。

そして、この解法の考え方もしっかり学びましょう。

5月30日

昔からよくある「階段を上がる」問題です。

シンプルで面白い問題ですので、階段を描いてみて、楽しみながら色々と試行錯誤して考えてみましょう。

自分で問題の条件を変えてみて、「こうだったら、どうなるかな・・・・・」と考えてみるのも非常に良いでしょう。

移動が5回となっていますが、もう少し多くして「8回とか10回だとどうなるかな」と考えてみるのも、面白いと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる