MENU

Eグループ中学志望のお子様へ 12|中学への算数7月号

前回は「Eグループ中学志望のお子様へ 11」の話でした。

日々の演習を続けましょう。

目次

p25 7月22日

食塩水の問題で、両方から同じ量を取り出して混ぜる問題です。

ポイントは、この「同じ量取り出して混ぜる」を複数繰り返すことです。

「一度混ぜる」なら比較的考えやすいですが、繰り返すと状況が変わるので分かりにくいですね。

何回も混ぜると、なんだか
分からなくなるよ・・・

「繰り返し」の問題の時は、何らかのことが「繰り返し」になることが多いです。

それに気づくことが大事です。

まずは、コップを二つ描いて、交換する状況を描きましょう。

この時、食塩水であることを意識して、ただ水を描くのではなく、食塩も描きましょう。

食塩水の問題は、大抵はてんびん算で解けます。

「何かが繰り返しになる」の?
こっちからこっちにあげて・・・

てんびんで考えると、
状況が似てるね!

良い問題ですから、解法をよく学びましょう。

p26 7月26日

グラウンドの清掃をテーマにした、仕事の問題です。

二つのグラウンドを描いて、広さの違いも表現しましょう。

広さが〜倍は、どちらかを大きく描いて、真ん中か端に数字で表現すると良いでしょう。

効率や時間が出てくるので、大事な数量をメモして、問題文を自分なりにまとめて描いてみましょう。

この「問題文を自分なりにまとめる」ことは非常に大事なことです。

このプロセスで、問題への理解が確実になると共に、解く鍵が分かることが多いです。

自分で問題文の数字をまとめてみると、
分かりやすいわ。

一度まとめたら、さっと問題文を見直して、忘れたことがないかを確認しましょう。

p27 7月28日

頻出タイプの受付の問題です。

受付の問題は、「受付をした時間」をまず考えましょう。

受付した箇所は、机をイメージして□を描いてみましょう。

例えば、「6ヶ所で受付」でしたら、□を6個描いてみましょう。

受付する人が増える感じが
分かるね。

あるいは、◯で描いても良いでしょう。

試験では、「□を沢山描くのが時間がもったいない」なら、□の中に個数を描いても良いでしょう。

ただ、こういうことは飛ばさない方が良いように思います。

□でも○でも、描くのは10秒前後でしょう。

「考えて悩む」と10秒はすぐに経過してしまいます。

「考えながら描く」ことを出来るようにしたら、より思考力が上がるでしょう。

p38 問題1

食塩水の問題で「フィルター」が出てくる、面白い問題です。

フィルターをイメージしながら、考えてみましょう。

フィルターによって、どのようになるのかを、考えながら描くと良いでしょう。

フィルターの問題は見たことないけど、
面白いそう。

こういう少し変わった問題は、「どういうことか?」を考えましょう。

そして、そのポイントが分かることが最も大事です。

食塩水の問題の良いまとめになるので、しっかり理解しましょう。

目次
閉じる