MENU

大きく、堂々と書いてみよう!|中学受験突破への道

前回は「大きく、雄大に書いてみよう!」の話でした。

勉強する時、算数でも理科でも社会でも、紙に大きく書いてみましょう。

国語はあまり大きく書く機会がないかもしれませんが、なんでも大きく描く、書くことは良い事です。

これは中学受験でもとても効果が大きいです。

社会の暗記で「自分なりにまとめて、理解力と暗記を増やす」話をしました。

こういう時、ノートや紙に大きく書いてみましょう。

自分の中で様々なことが繋がり、各科目の複合問題へ対処する力も養われます。

あまり大きな紙に大きく書いていると、本番の入試の時に「解答用紙をはみ出してしまうのでは?」と懸念されるかもしれません。

はみ出しても大丈夫です。

もしはみ出してしまって、解答用紙が足りなくなったら「この続きは裏です」と裏に書いても良いでしょう。

ただし、「解答は裏に書いてはならない」と記載ある学校もあるので、その場合は表だけにしましょう。

一生懸命問題に取り組んでいる姿勢はとても微笑ましく、最後の答えが間違っているとしても、その過程は十分に評価に値し、それに応じた点数をつけるでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20210918132753j:plain

お子様が受験生だと、「採点される側」の考えばかりになってしまうかもしれません。

しかし「採点する側」の立場になってみるのも、時には面白いですし、実用的です。

「採点する側」の視点に立って考えましょう。

大学生の時に中学・高校の塾のテストの採点のアルバイトをした経験があります。

採点するのも人ですから、頑張っている人にはなんらかの点をあげたくなります。

「想定される解答」を採点することは簡単なのですが、少し遠回りした答案が時々あります。

数学的センスとしては少し劣る内容ですが、論理的にきちっと明確で、正しい場合は、点数をあげます。

答えがあっていれば、「遠回りしていても論理性が正しい」のであれば満点です。

「論理的に正しくて」「一生懸命解こうとしている」姿勢は共感を呼ぶのです。

一生懸命やっている人には、誰しも好意を持ちます。

注意点は、特に算数は「全く解答に至らない、見当違いのことを延々と書いても点数にはならない」ことです。

実際の試験でこういうことにはならないようにしたいですが、日々の学びの中で「どんどん書いてみる」事は、学ぶ上で大事な姿勢ですし実戦的です。

子供でも大人でも、「ただ頭の中で考える」よりも「紙に書いて考えてみる」方が思考が整理されて、思いのほか良いアイデアが思い浮かぶことも多いです。

図形でもイメージの絵でも、遠慮なく大きく雄大に書いて、描いてみましょう。

採点者の方は、そういう一生懸命な答案に出会うのを待っているのです。

ぜひどんどん書いて、描いてみて下さい。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる