MENU

自分なりのノートを作って、思考を整理しよう|本質的教育

前回は「住まいから日の出を見てみよう」の話でした。

今回はノートの話です。

ノートの取り方がきれいなお子様、そうでもないお子様、色々ですね。

ノートがきれいなお子様は、「思考が整理されている」のでしょう。

それはとても良いことです。

子供が書いているノートは、大人が見れば一目で状況が把握できます。

「ああ、ここが良く分かっているな。」とか「ここの部分があやふやだから、問題が解けないのかな。」とか。

中学校側の立場で考えると、記述式試験の良いところはいくつかあります。

1. 答えのみだと◯かxかになってしまいますが、記述式だと途中の過程にきちんと点を与えられる。

2. 答えがあっていても、実は考え方が間違っている場合があり、より正確に学力が測れる。

3. 自由に書いて・描いてもらうことで、「何をどの程度分かっているか」「どのような考えの人物か」が明快に分かる。

他にもありますが、基本的には上記の内容です。

記述式は採点の負担が大きいですが、採点する教員としては答えだけを◯、xする単調作業よりも結構楽しんでいる面もあると思います。

f:id:Yoshitaka77:20220311112822j:plain

興味深い記事がありました。

詳しくは記事をご覧いただきたいですが、「ノートを作成する大事さ」の話です。

演習プリントに書き込むことを、僕は否定はしませんが、余白を気にせず自分のノートに自由に書いて・描いてみることは大事だと思います。

ノートをつくって、自分の好きなように、どんどん書いて・描いてみましょう。

ただ、「きれいにつくる」とか「きれいに書く・描く」は気にしないほうが良いです。

のびのびと好きなように書いて・描いてみましょう。

中学受験のお子様で、「答えのみが多い」学校は「自分さえわかれば良い」のです。

ただ、書き方が整理されているほうが、問題は解きやすくミスも減るので、ゆくゆくは整理されたほうが良いでしょう。

「記述式が多い」学校の方は、「整理された内容」の方が当然望ましいです。

しかし、「整理されている」「きれいな」ノートを早い段階で目指しすぎる必要はありません。

「理解する」「覚える」「習得する」を重視して、「整理されている・きれいなノート」は考えないようにしましょう。

学力がついた後に、思考がどんどん整理されてゆきます。

その過程で自然と「整理された記述」が出来るようになるのが望ましく、「整理されていること」を無理に目指す必要はないでしょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる