山崎直子 12~米国の女の子と文通〜|学校

前回は「山崎直子 11~英語部へ〜」の話でした。

宇宙飛行士 山崎 直子(Wikipedia)
目次

文通

英語部で、みんなでNHKラジオ講座を聞いたり、劇を作って楽しむ山崎少女。

ついに、米国の女の子との文通が始まります。

この文通が、
とてもしたかったの。

英語部の醍醐味の一つの、米国の同世代の女の子との文通。

山崎少女の相手は、同い年の金髪の可愛らしい米国の女の子です。

写真もやりとりしたので、

お互いの雰囲気が、
とてもよくわかる。

そして、一生懸命英語で手紙を書きます。

英語を学ぶことは、「将来、英語を話して世界を広げる」ことにつながります。

しかし、中学〜高校生にとって、外国人と接点がないならば、「テストのために英語を学ぶ」ことになります。

それに対して、「米国人に手紙を書く」という明確な目的を持った山崎少女。

大きな意欲が湧いて、ますます英語への勉強に磨きがかかりました。

米国と日本

米国と日本の環境は、非常に大きく異なります。

これは、行ってみればすぐにわかりますが、米国は「なんでも大きい」です。

文通相手の家の写真を見た山崎少女は、

えっ。
これお家?

大きくて、
映画の世界みたい。

日本人の感覚からすると、米国の家はみんな大豪邸です。

大きくて、
映画の世界みたい。

山崎少女の夢は膨らみます。

外国の方と一緒に
働いてみたい。

ここまで考える中学生は、非常に少ないでしょう。

それは、メールが当たり前の現代では珍しくなった「文通をしていたこと」が大きいです。

メールで海外の方とやりとりするのも大事です。

「本人の筆跡が見える」文通は、本人の個性も垣間見えます。

「同い年の米国人と手書きの手紙をやりとりした」ことが、非常に大きな影響を与えました。

広がる世界

高校まで文通を続けて、視野を広げた山崎少女でした。

中学から高校にかけては、小学校の時よりもはるかに行動範囲が広がり、様々な世界が広がります。

「電車に乗って登校」する方もいるでしょう。

「週に何日か電車に乗って塾に行く」経験があっても、「毎日、電車に乗る」ことは大きく異なります。

身の回りの世界が広がる中、山崎少女は一気に米国まで視野を広げます。

現代は、ネットで海外ニュースをみたりするのが非常に簡単です。

中学生〜高校生の方は、ぜひBBCなどのニュースを見てみましょう。

英語がよく分からなくても、「どのような事が話題になっているか」を知るだけでも大きなメリットがあります。

大きな事件・事故などは、日本でも海外でも同様に報道します。

しかし、それ以外の事柄は、日本国内のニュースとBBC、Euro Newsなどの海外ニュースでは大きく異なります。

実際に海外に行ってみたり、海外の方と接する機会があれば最も良いです。

身近なところから「世界を広げる」ことをやってみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次