山崎直子 3〜アニメから学ぶこと〜|生い立ち

前回は「山崎直子 2〜小さな頃の宇宙への思い〜」の話でした。

宇宙飛行士 山崎 直子(Wikipedia)

前回に続いて、山崎の小さな頃の話です。

目次

アニメの影響

「宇宙好きになったのは、アニメーション(アニメ)の影響も大きい」と語る山崎。

夢中で見ていたのが、
「宇宙戦艦ヤマト」と「銀河鉄道999」

「宇宙戦艦ヤマト」は、どちらかというと男の子向けのアニメな気もしますが、とても好きだったようです。

小さな頃から、山崎自身が「女の子だから」という姿勢を取っていなかったことが、わかります。

こんな宇宙船で宇宙に行けたらいいな。

想像を膨らませていたようです。

宇宙飛行士の方々が宇宙ステーションで、様々活動する映像がありますが、実際に「宇宙」はなかなかイメージできません。

その中、アニメは「イメージを喚起する」意味では、非常に良かったのでしょう。

アニメのメリット

真面目そうな山崎が、「アニメが好き」というのは、少し意外でもありました。

「アニメ」に対する視線は様々で、アニメ好きな方もいれば、「多少は良いけど」くらいな方もいらっしゃると思います。

僕自身は、アニメ・マンガが大好きで、「好きなアニメは数知れず」です。

僕の世代の方の多くが夢中になった「キン肉マン」は、とても好きです。

他には、中学〜高校の頃、隆盛期を誇っていた「週刊少年ジャンプ」の「ドラゴンボール」、「ジョジョの奇妙な冒険」、「北斗の拳」・・・挙げればキリがないです。

あるいは、手塚治虫の「ブラック・ジャック」も大好きで、高校の時愛読していました。

手塚治虫やスタジオジブリの作品であれば、大抵の親御様は「観るのはOK」でしょう。

しかし、一般的なアニメに対しては、賛否両論かも知れません。

僕の小学校の同級生の中には、厳格な家庭なのか「アニメ禁止」の家もありました。

えっ。アニメ禁止・・・

それは、厳しいね・・・

アニメが創り出す想像力

アニメを「たかがアニメ」と見るのか、どうかです。

アニメの絵を描くことは、大抵の方にとっては、大変困難です。

ドラゴンボールの孫悟空を、綺麗に描ける方は非常に少数でしょう。

その能力は、特殊能力とも言えます。

それでも、多くの子どもは「真似て描いてみる」ことをやったものです。

僕も、小学校低学年の頃に「キン肉マンの絵」を沢山描きました。

そういう風に、「見よう見まねで描いてみる」という実体験も大事だと思います。

私が大人になった頃には、誰もが宇宙に行けるのだろうな

そう思った山崎は、アニメによって大きく想像力を喚起され、宇宙への大いなる道に開眼したのでしょう。

「アニメの見過ぎ」は良くないでしょうが、「ある程度」観るのは、子どもの教育上良い面も多いと考えます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次