MENU

山口多聞 13〜日本の進むべき道〜|威人紀行

前回は「山口多聞 12〜調子に乗る日本海軍〜」の話でした。

山口多聞 司令官(Wikipedia)
目次

資源なき日本

伊藤整一 軍令部次長(Wikipedia)

ミッドウェー島攻撃は、
絶対認めません!

資源確保を
最優先してください!

それは、当然の発想でした。

1941年の日本の軍需物資の依存度(歴史人2021年8月号 ABCアーク)

対米戦直前、日本の軍需物資は「ほとんど米国に頼っていた」のでした。

そして、その「頼っていた米国と戦争を始めた」状況だったのでした。

日本の進むべき道

世界の原油生産量 1940年(歴史人2021年8月号 ABCアーク)

中でも、世界の2/3という莫大な原油産出量を誇る米国。

対して、日本は「ほとんど原油が取れない」国です。

南方の蘭印を占領すれば、年間約800万トンの原油(上記のグラフで7,939千トン)が確保できます。

これは、日本の年間必要量を優に上回っていました。

とにかく、原油・資源確保を
最優先していただきたい。

作戦を統括する軍令部の発想は、「至極当然」だったのです。

軍令部の意見は、もっともだ。

山本長官は、気が早すぎる。

暴走する山本長官

かつて、真珠湾奇襲攻撃の際にも、伊藤軍令部次長に反対された山本長官。

山本五十六 連合艦隊司令長官(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本 新人物往来社)

その際は、

ならば、連合艦隊司令長官を
辞任する!

と、脅しをかけて、強行突破しました。

米空母を、
早めに叩き潰さねば!

米空母よりも、資源が先です。

仕方ない・・・

また、あの手を使うか・・・

また、同じ手を山本長官は使います。

ミッドウェー島攻撃を
認めて頂けないなら・・・

連合艦隊司令長官を辞任します。

流石に、なんども「辞任する」と脅す山本長官の姿勢には、

これは流石に・・・

山口司令官には、どうにも納得がいきません。

山本さんは、
どうしてしまったのか?

目次
閉じる