MENU

思い切りやってみて、合格を勝ち取ろう!〜実話を元にビクトリーへ向かおう!〜|中学受験

前回は「入試では守るべき防衛ラインを設定して、合格への道をつくり出そう!」でした。

僕が家庭教師をしたお子様の実話を元に、読者のお子様が合格を勝ち取る話です。

大学院生の時、小学校6年生のYくんの家庭教師をしました。

始めたのはYくんが5年生の10月頃でした。

成績は「中の下」くらいで、親御様の要望は「中堅校へしっかりと合格させるようにお願いします。」とのことでした。

主に算数、時々理科を教えました。

真面目な子で僕が教えたことを良く復習してくれたこともあり、少しずつ成績が伸びてゆきました。

そして、「やや高めの学校」の学校が視野に入ってきました。

親御様・お子様共々、僕と気があったので僕も教えがいがありました。

6年生の6月頃、いつも通り終えて帰り際にお母様に挨拶していると、Yくんのお母様から話がありました。

「この子が先生のことがとても好きで、先生の行っていた武蔵中へ行きたいと言っています。第一志望を武蔵中にしたいと思いますが、いかがでしょうか。」と。

f:id:Yoshitaka77:20211224121542j:plain

「好き」と言われて嬉しいですし、出身校を志望してくれるのも嬉しいので、僕も思わずニコリとしました。

しかし、内心は「まずいことになった」というのが正直なところでした。

Yくんの学力として武蔵中に受かるレベルではなかったのです。

また、中堅校向けの教え方をしていたので、対応を大きく変更する必要があります。

当時、武蔵中は大学進学実績が急落し始めたころで、あえて偏差値で比較しますと、今よりも5くらい高い感じでした。

「いかがでしょうか。」と言われたら、僕もYくんが好きでしたので、「分かりました。合格するように一生懸命お教えします!」とお答えしました。

翌週から武蔵を意識した内容に変更し、学力をより着実にあげる教え方にしました。

真面目なYくんは着実に学力をあげましたが、武蔵中合格率80%へ届いたことは一度もなく、60%ほどが最も良い成績でした。

お母様・Yくんも合格率は高くはないですが、第1志望を変更することは全く考えていませんでした。

11月頃からは特に総合力を上げる教え方をして、記述試験に対する考え方を色々と教えました。

出願校決定時は僕も相談に乗らせていただき、第2志望校以降は少し安全になるようにしました。

1月末に最後の家庭教師を終え、帰り際にYくんとお別れです。

その時、僕はYくんに「直前期もだいぶ学力が上がったから、当日は思い切って試験に取り組んでみて下さい。全ての科目でYくんの持っている実力を全部出せば、合格するから。全力でやってみよう。」と伝えました。

そして、Yくんは武蔵中学校に合格しました。

僕もとても嬉しかったです。

直前期の今、健康に配慮しながら「当日に自分が実力を最大限発揮して、思い切りやる」イメージを考えてみましょう。

そして、合格を勝ち取りましょう!

目次
閉じる