MENU

守るべき防衛ラインを設定して、合格への道をつくり出そう!|中学受験

前回は「試験当日に向けて」の話でした。

今回は「入試当日の試験での目標とする具体的点数」の話です。

試験では出来るだけ良い点数を取った方が良いのですが、「具体的な合格ライン」を守ることが最も大事です。

そこで、具体的な防衛ラインを設定することをお勧めします。

試験とは「紙上の戦い」だと思います。

入試問題という相手に対して、問題を解くことは「問題と戦う」イメージで良いかと思います。

そして、「各科目で自らの目標とする点数」を「防衛ライン」として定めて、そのラインを守るようにしましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211208164126j:plain

開成中学校の配点は算数・国語各85点、理科・社会各70点、合計310点満点です。

合格最低点は年によって異なりますが、概ね合計210点を確保すると合格しそうです。

合格者平均等を考慮すると、下記のような「防衛ライン」が一つの参考となります。

算数:60点

国語:55点

理科:60点

社会:55点

合計:230点

これは少し高めの点数となります。

「防衛ライン」のポイントは「出来るだけ頑張ってラインを守るが、当日の出来・調子によって、万が一全て突破されてしまっても、合格できる」と考えます。

上記の例ですと、各科目で仮に全て防衛ラインを突破されて、5点ずつラインを下回ったとしましょう。

算数:55点(-5点)

国語:50点(-5点)

理科:55点(-5点)

社会:50点(-5点)

合計:210点

となり、上記の合計210点を確保できます。

もしお子様が「算数がとても得意だけど、国語・社会はそれほどでもない」のでありましたら、防衛ラインの点数は下記のような例が考えられます。

算数:70点

国語:50点

理科:60点

社会:50点

合計:230点

仮に「得意なはずの算数が、当日思ったより思わしくない出来だったが、気持ちを切り替えて他の科目は踏ん張って、防衛ラインを守った!」ならば、

算数:50点(-20点)

国語:50点(ライン確保)

理科:60点(ライン確保)

社会:50点(ライン確保)

合計:210点

で合格!となります。

志望校の過去10年くらいの合格点を元に、このような防衛ラインを考えてみてはいかがでしょうか。

入試当日の難易度によって、点数は大きく変わりますが、目標とする具体的な点数が頭にあれば、「どの程度出来れば、合格できそうだ」という具体的イメージが湧きます。

具体的な目標値があれば、試験当日も「これくらいで大丈夫!」と自信が出ることでしょう。

そして「絶対に合格したい!」という気持ちを持つことです。

志望校の過去の合格ラインを分析し、お子様の学力・適正・性格をもとに、親御様が「合格するための防衛ライン」を設定してみてはいかがでしょうか。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる