MENU

「回転する力」の応用 2|理科

前回は「「回転する力」の応用 1」の話でした。

二つの条件のうち、左側の条件から「重心の位置」が分かりました。

算数・理科は、「わかったこと」をどんどん描いてゆきましょう。

右の状況は「状況は異なる」のですが、「棒の重心の位置は同じ」はずです。

重心の「左の端、右の端からの比」が分かりました。

このように、部分的な長さの比がわかった時は、「全体の長さ」も考えましょう。

今回は、比を足すと「ちょうど①」になります。

あれ?
なんか不思議だね。

でも、確かにそうだわ。

右側の条件では、左側と同様に、棒は「はかりからの力」「重心の重さ」「机からの力」の3つの力を受けます。

今回は、「棒と机のつながる点(接点)」の周りの「回転する力」を考えましょう。

反時計回り・時計回りの「回転する力」を描いてみます。

描いた上で、「長さx力(重さ)」を考えてみましょう。

でも、長さは分からないよ。

そうだわ。
「長さの比」しか分かってないわ。

棒の長さは80cmなので、「比から長さを計算する」のも良いでしょう。

もし全体の長さが分からない(不明)でも、「全体の長さに対する比」を考えてみましょう。

すると「比を、長さの代わりに計算してもOK」と分かりますね。

「回転する力」が等しいので、式が出来ます。

これは、①を二回かける式で、分からないよ。

そうだわ。
これは、習ってないわ。

そうですね。

この式は、「2次式」と言って、中学の数学で最初の方で習います。

この方程式を、解ける方もいるかもしれませんが、「算数的に考える」をやりましょう。

でも、難しそうだよ。

何か、「式が簡単になる」方法はないでしょうか。

あっ!
右と左で、同じ①をかけてるわ。

「同じ数字をかけて、同じ」だから、
「同じ数字」はなくてもいいのね。

そうですね。

共通する数字は、「割る」などして消しましょう。

これで、簡単な等式になりました。

棒の重さが、求まりましたね。

なんか、難しそうだけど、
いろいろな考え方は、楽しいね。

違う考え方で、同じ結果になるのは
不思議な感じね。

ちょっと難しい考え方かもしれません。

理科・算数は、「色々な考え方ができる」のを楽しむ姿勢も大事です。

受験生は、試験の成績などで頭が一杯になりがちですが、様々な考え方をしっかり学びましょう。

その姿勢が、応用力を上げて、「難しい問題も解ける」力と姿勢を養います。

目次
閉じる