MENU

西郷隆盛 12〜大きな挫折〜

前回は「西郷隆盛 11〜社会を知る〜」の話でした。

西郷 隆盛(国立国会図書館)
目次

農民・農村と西郷

薩摩藩士の中では、下級藩士だった西郷青年。

「下級藩士」であっても武士であり、農民よりはだいぶ良い状況です。

八公二民では、農民の暮らしは
悲惨だ。

17歳から約10年間、農民・農村の現実・実態を目の当たりにした西郷青年。

これは、なんとかしなければ・・・

ここで、西郷青年の上司だった迫田奉行は、人情に厚い人物でした。

年貢を減免すべきです。

と、迫田奉行は藩庁に直訴するも、却下されます。

そして、迫田奉行は辞職してしまいます。

私に何か出来ないか・・・

苦しい生活

農民よりは良い立場である西郷青年・西郷家。

しかし、子供が多い中収入は低く、非常に困窮します。

西郷青年が20歳の時には、どうにもならなくなり、豪商に大きな借金をします。

我が家は、
とても貧しい・・・

非常に貧しい西郷家でしたが、皆で仲良くし、西郷青年もまた真面目に働きました。

大ショック:お由羅騒動

西郷青年が22歳の1850年、大ショックな事件が発生します。

当時、藩主だった島津斉興は、長男斉彬を嫌い、愛妾:お由羅の子である久光を擁立しようとします。

そして、斉彬派と久光派の二派に分裂し、激しい抗争をします。

ここで、斉彬派は切腹・島流しを含む重大な処分者が50名ほど出ます。

これは酷い・・・

なかでも西郷青年が兄のように慕っていた、5歳上の赤山靭負。

赤山靭負は切腹を命じられ、27歳で切腹して果てます。

そして、赤山の血染めの肌着を西郷は貰い受けます。

こんなことが・・・・・

許されて良いのか・・・

22歳の青年にとっては、あまりに辛い事件でした。

おのれ、久光め!

後の島津国父 島津久光(斉彬の異母弟)(Wikipedia)

この時以来、西郷は久光とは「生涯敵」となります。

大久保 利通(国立国会図書館)

この「お由羅騒動」では、大久保家もまた大打撃を受けます。

父・利世が島流しとなり、大久保一蔵(後の利通)自身も謹慎処分となります。

元々貧しかった大久保家は、極貧となります。

苦しい・・・

一蔵(当時の大久保の名前)どん!

苦しいが、一緒に乗り切ろう!

西郷どん!

3つ年上の西郷を兄のように慕い、生活・暮らしも世話になった大久保。

その後、二人が明治維新の原動力となり、さらにその後、相闘うことになるとは、二人とも夢にも思いませんでした。

目次
閉じる