西郷隆盛 7〜知識優先へ〜|幕末維新

前回は「西郷隆盛 6〜知識と知恵と〜」の話でした。

西郷 隆盛(国立国会図書館)
目次

知識獲得を最優先へ

そして、「文明の進んだ」欧米から、「お雇い外国人」として、数多くの先生方を招聘しました。

そして、欧米の知識を、どんどん吸収してゆきました。

その後、明治首脳陣が想像していたよりも、日本は急速に発展しました。

幕末〜明治期は、日本は軍艦などを作ることができませんでした。

最新機械・兵器を、主に友好国(後の同盟国)英国などから購入していました。

日本海海戦で大活躍した、戦艦三笠は英国から購入した軍艦です。

戦艦三笠と東郷平八郎 連合艦隊司令長官(Wikipedia)

戦艦三笠は、大変高額な軍艦でした。

予算獲得に窮した山本権兵衛海軍大臣は、進退極まります。

ロシアの大規模艦隊に対抗するためには、
わが日本も最新鋭戦艦が必要だ。

幸い、大英帝国とは友好関係にある。

大英帝国から、最新鋭の戦艦を買おう!

しかし、「ない袖」は振れない・・・

あまりに一気に軍備を拡大したので、残ったお金がなかったのです。

山本権兵衛 海軍大臣(Wikipedia)

海軍のドン・西郷従道(西郷隆盛の弟)に相談します。

西郷 従道 元海軍大臣(Wikipedia)

西郷のバックを受けて、なんと「予算流用」という犯罪まがいのことをして、戦艦を英国から購入します。

戦後、「技術力の日本」と言われるようになった我が国。

当時の技術力は、欧米とは比較の対象にならなかったのです。

欧米の知識を獲得せねば!

世界有数の強国へ

明治維新から、世界の大国との戦いが続きます。

日清戦争・日露戦争を戦い抜き、世界の強国に躍り出ます。

Japanなど新興国に過ぎぬ。

大体、JapanはAsiaの国だろう・・・

東郷 平八郎 連合艦隊司令長官(日露戦争)(Wikipedia)

Asiaの国ごときが、歴史も由緒あるRussiaに
勝てるはずがないのだ・・・

日本海海戦に向かう連合艦隊(Wikipedia)

日本陸軍とロシア陸軍の戦いで、押しつつあった日本。

ついに日本海海戦で「完勝」とも言える大勝利を得ます。

なぜ、Japanが、Russiaに勝てたのだ?

バルチック艦隊にとどめを刺し、ロシアを追い詰めた日本。

米国の仲介を経て、なんとかロシアに対して勝利します。

日露戦争後の日本

そして、第二次世界大戦時には「世界五強国の一つ」となります。

海軍では「世界三強国の一つ」に上り詰めました。

明治維新期には、「先生」であった英国を、抜く勢いにまで至ります。

明治維新の1868年から、第二次世界大戦開戦の1941年までの高々70年ほど。

その短い期間で、日本は一気に未曾有の強国に躍り出たのです。

知識優先が功を奏した!

一蔵どん。
それは国を誤り申す・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次