「少し出遅れているかな」と感じた時〜「間に合わない」から〜 2|中学受験

前回は「『少し出遅れているかな』と感じた時〜『間に合わない』から〜 1」の話でした。

いよいよ学習指導会の通常講座「武蔵特訓」に向かう僕。

新小学校6年生の2月で、前の年の「お兄さん」たちが受験を迎えた直後くらいです。

講習には参加したことがあるものの、やはり「新しいところ」に行くのは誰しも緊張します。

小学校のクラスメートの受験仲間Hくんが、学習指導会の「武蔵特訓」に行っていました。

そこで、初日は彼に一緒に行ってもらうように依頼しました。

快諾してくれた彼。

最寄駅の改札口で待ち合わせます。

ちょっと早く着いた僕が待っていると「お〜い!」と、彼が走って来てくれました。

学校の友人が一緒に行ってくれるのは、本当に心強いです。

f:id:Yoshitaka77:20220330113038j:plain

Hくんと一緒に電車に乗って、学習指導会の教室に向かいます。

ちょっと緊張します。

教室に入って、一番奥の部屋が「武蔵特訓」の部屋でした。

直前の冬期講習で、見たことある人たちがたくさんいます。

当時、学習指導会の高橋塾長は、武蔵卒で「武蔵を知り尽くした」方です。

大変優秀で「教え方が非常にうまい」と極めて高い評判でした。

思い出すと、懐かしいですね。

塾長には習ったことがない僕。

緊張して着席して待っていると、高橋塾長が登場しました。

みんな、一年後だよ!
頑張ってやろう!

みたいなことを言ったと思います。

では始めよう!

と最初の問題。

実は今でも覚えています。

覚えている理由は、後でご紹介します。

第一問!

食塩水の問題でした。

たしか3つの食塩水を混ぜる問題だったと思います。

ああ、あれか!

と僕は勇んで取り掛かります。

ゴリゴリ食塩の量を計算していると・・・・・

はい!終わり〜!

と高橋塾長の掛け声。

あれっ。
まだ終わってない・・・・・

周囲の子たちを見ると、だいたいみんな終わってそうです。

みんな計算が早いな。

と衝撃を受けた僕でしたが、もっと大きな衝撃がありました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次