文章題の内容を具体的にイメージして学力アップ〜比が出てきたら未知数設定・簡単な絵やメモを書く・「分かっていること」を表現・木を見て森も見る・問題 7(2)解法〜|中学受験・算数実践20

前回は「文章題を得意になる学び方〜大まかな数を押さえる・倍数と素数・対象を絞る・奇数か偶数か全体を見て和を考える・意識して「全体を見る」こと・問題 7(1)解法〜」の話でした。

目次

問題 7(再掲載)

りんご、みかん、かきが何個かずつあり、個数の比は8 : 9 : 12です。

これらの果物をまとめて、1箱60個入りの箱に入れます。

最後の箱には、全て詰めるとは限りません。

下記問題に答えてください。(1)、(2)は別々です。

(1) 箱は6箱必要で、みかんの個数は奇数でした。

  それぞれの個数を求めてください。

(2) それぞれの果物に同じ個数ずつ足したら、

  みかんの個数と全ての個数の比は6 : 19になりました。

  この時、全ての果物を入れる箱は9箱必要で、足した後の個数は全て偶数でした。

  足した後の、それぞれの個数を求めてください。(オリジナル問題)

比が出てきたら未知数設定

今回は(2)の解法です。

まずは整数問題では、全体を見て対象を絞ることが大事です。

9箱必要ですから、9箱目は1〜60個です。

そこで、総数の範囲が分かります。

前回「未知数を置かずに」と書きましたが、「個数を足して・・・」と比が出てきました。

今回は、未知数を設定しましょう。

この時、元の個数・追加する個数それぞれ設定して、比を取ります。

f:id:Yoshitaka77:20211114072147j:plain

ここで、「足した数」として、それぞれの3つ分になるのはポイントです。

慌てて3つ分を1つにせず、こういう時は

りんご、みかん、
かきがあって・・

と、明確にイメージしましょう。

急いでいると、
うっかり3種類分ではなく1種類分と勘違いしそう・・・

簡単な絵やメモを書く:「分かっていること」を表現

簡単な絵をメモ書きして、「それぞれに足す」イメージをきちんと持つとミスがなくなります。

特に、記述式の場合、そういう絵や「思考の過程」は書いておく方が良いでしょう。

ちょっとした勘違いをしてしまっても、

ここまでは、
わかっているよ!

と、表現することは大事です。

それぞれに足した数が、比の計算から求まり、足した後のりんご、みかん、かきの個数が求まります。

ここからは、「全体を見る」です。

11,12,15という数字が出てきて「それぞれが11,12,15の倍数」です。

「それぞれ」だけではなく、全体を見てみましょう。

「和をとって考える」話
と同じ!

「総数は11+12+15=38の倍数」です。

38も比較的特殊な数で、38=2×19ですが、19は約数のない数(素数)です。

f:id:Yoshitaka77:20211111065001j:plain

2パターンに絞り込めました。

ここからは(1)と同様に「奇数か偶数か」が大事です。

足した後のりんご、みかん、かきが「全て偶数」ですから、下記のようになります。

f:id:Yoshitaka77:20211111065010j:plain

整数と比の複合問題攻略法:木を見て森も見る

問題6と同様に、整数問題は約数や倍数は大事なポイントですが、「全体を見る」ことが大事なポイントです。

「木を見て、森も見る」考え方が良いでしょう。

これで多くの整数問題に対応でき、きちんと解くことができるでしょう。

次回は下記リンクです。

新教育紀行

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次