MENU

プラモデル作りの大事さ 1|本質的教育と中学受験

前回は「プラモデル作りから立体感覚養おう」の話でした。

プラモデル作りは、立体感覚を養います。

中学受験などの立体図形を解く力に直接結びつかなくても、「立体の想像力」は大きく増進するでしょう。

立体図形の問題が、最近増加傾向にあります。

立体図形の問題は、大人でも難しいです。

大学受験でも、立体図形の問題は頻出ですが、大学受験では体積・積分の問題が多いです。

すると、コツを掴んでいれば、「立体図形が全然分からなくても解ける」のです。

対して、中学受験の問題は「立体図形が全然分からなくても解ける」ことは、ほとんどありません。

その意味では、中学受験=算数の立体図形の方が、大学受験=数学の立体図形の問題より難しい場合があるです。

「立方体を切ってみる」や「三角柱の交差」など、想像するのが結構難しいのです。

そうなんだ。
どこがどうなっているのか、
よく分からないんだ・・・

というお子様が多く、それは「難しいので当然」なのです。

そこで、まずは「立体」や「3次元で考える」ことに慣れるのが良いでしょう。

小さなお子様、特に5歳〜小学生には、ものづくり的視点からプラモデル作りをおすすめしたい。

長期的視点も含め、中学受験に向けての対策にもなると考えます。

小学校6年生は勉強で忙しいでしょうから、小学校5年生くらいまでに、プラモデルをたくさん作ってみましょう。

前回、バラバラだったパーツを、少しずつ組み上げてゆくと、出来上がってゆきます。

頭・手・胴体が出来てきて、あとは足などを組み立てると出来ますね。

左側のグレーのパーツが「関節」のパーツで、これで手や足が自在に動くのです。

実によく出来ていて、面白いです。

完成しました。

このプラモデルは、三国志の孫堅をイメージしたガンダムです。

僕も三国志が好きで、コーエーテクモ(光栄)の「三国志シリーズ」をプレイしたので、懐かしいです。

読者の中にも、僕と同じ経験を持つ方は、沢山いらっしゃると思います。

プラモデルを子どもと作るのは、子どもの立体感覚を養うだけでなく、子どもとのコミュニケーションにもなります。

そして、「自分も楽しい」ので、非常に良いですね。

親子でプラモデル作り、やってみませんか。

目次
閉じる