自宅で植物育ててみよう 2|小供の理科教育

前回は「自宅で植物育ててみよう 1」の話でした。

子どもたちは、小学校でも朝顔などを育てます。

幼稚園や保育園でも、植えた植物たちを先生たちが

ほら、育ってきたね。

と、子どもに植物が育つことを教えてくれます。

学校で教わることも大事で、「どのように育つか」や「成長する速さがどのようになるか」などを実感することが大事です。

学校で育てたり、習ったりすることは大事ですが、ある程度は「先生の言う通り」にしなければなりません。

そこで、子どもたちが自由に育てられるように、自宅で植物を育てることは大事だと思います。

今回は、少し変わった植物を育てた話です。

ジャガイモなどの野菜を購入して、時間が経過してしまった時、少し芽が出ます。

その芽はピーラーやナイフでカットして、食べることが多いと思います。

僕もいつもそうするのですが、芽が出たジャガイモを忘れていて、少し芽が沢山出てしまいました。

褒められたことではないのですが、同じ頃、タマネギも少し芽が出てしまいました。

このジャガイモとタマネギを食べるのは、ちょっと・・・

と思いました。

捨てるのはもったいない・・・

と思いました。

プランターに植えてみたら、どうなるだろう。

とプランターに、芽が出たジャガイモとタマネギを植えてみました。

土の中で傷んでしまうかな・・・

と思って、しばらく経過を観察しました。

成長したジャガイモ

ジャガイモから、多く植物が成長してきました。

ここまで大きく成長するのは意外だ。

成長したタマネギ

芽が出たタマネギは、その芽が大きく成長しました。

タマネギの成長は、ある程度想像できましたが、ジャガイモは予想外でした。

なんか、すごい成長したね。

子どもたちも、予想外の成長に興味津々です。

僕自身も予想外で、楽しんでいます。

これは、「食物を大事にする」観点からは「良くないこと」です。

上記の通り、「古くなってしまった」ので、実験してみる気持ちでやってみました。

面白そうだから、やりたい。

というお子様がいらっしゃる時、親御様がどう考えるかは、それぞれのお考え次第です。

「すぐに廃棄する」のではなく、なんらかのことをやってみることは大事なことだと思います。

種から育てて、スクスク育ったり、うまく育たなかったりします。

それもまた一つの経験で、植物・生物に対する興味を子どもが持ってくれると良いと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次