MENU

ペーパークラフトを楽しもう 4〜曲線と曲面 4〜

前回は「ペーパークラフトを楽しもう 3〜曲線と曲面 3〜」の話でした。

船の下半分の作成に、時間がかかった戦艦大和ですが、少しずつその姿を現してきました。

今回は、前方の甲板を作成してゆきます。

上の甲板のパーツは、子どもが切りました。

中央の円の部分は、ハサミでは切りにくいので、僕が切りました。

上手く切れたね。
いいじゃない。

うん。
上手く切れた。

ここで、小さなパーツが出てきました。

上の写真の下のパーツですが、拡大してみましょう。

これは小さい・・・

切るのも大変だった・・・

鉛筆と比べると分かると思いますが、非常に小さなパーツです。

大和先端につけるパーツです。

これ、どうやってつけるの?

どうやって、つけようか?

小さいね。
分からないよ。

大人にとっても、大変な作業ですが、やってみましょう。

まずは、甲板をつけます。

少し複雑な形状なので、接着する前に「どのように接着するか」を一緒に考えましょう。

こうやって、つくね。

そうだね。

ボンド付けるから、付けてみて。

うん。

数多くのギザギザがあって、接着はなかなか難しいですが、手伝ってあげて子どもにやってもらいました。

上手く付いたね。

そして、先端の小さなパーツは、僕がピンセットを使用して付けました。

あまり綺麗につかなかったけど・・・

なんとか、ついた。

接着するだけでも大変なパーツでしたが、なんとか付けました。

戦車のペーパークラフトの時には、なかったパーツが出てきました。

これは、なんだと思う?

分からないよ。

外枠は、子どもが切りましたが、切り込み部分は小さいので、僕が切りました。

折って、組み合わせてみて。

なんか、形になってきたね。

これは、なんだろう?

う〜ん。

子どもにも考えてもらいながら、作成を進めます。

目次
閉じる