MENU

子供の個性を大事にして育もう 1|本質的教育

前回は「子供と一緒に早起きしてみましょう 1」の話でした。

今回は、お子様の個性を大事にして育む話です。

親ならば誰しも、自分の子供には「持って生まれた個性を大事に、自分らしく生きて欲しい」と考えると思います。

それぞれの国で生まれて、成長してゆく中で「社会で生きてゆくために基本的な姿勢・素養・学力」を身につけるために、義務教育があります。

日本においては、それが「小学校6年+中学校3年=9年」となります。

文科省調査で、2020年度の大学進学率54.4%ですから、半分以上が大学に行く時代の中、「うちの子をどのように育てよう」と考える親御様が多いと思います。

興味深い記事がありました。

天才ドラマー「よよかさん」の話です。

非常に優れたドラマーの才能を持つ相馬よよかさん。

「答えが最初から決まっている教育をする」日本を離れる決意をし、ご家族4名で米国へ移住する決断をした話です。

詳しくは本記事をご覧ください。

f:id:Yoshitaka77:20220404105249j:plain

この記事では「日本の教育の本質的な問題点」が数多く指摘されています。

あるいは「色を自由に塗れる」米国に対して「100点を求める」日本という対比で紹介されています。

移民族国家である米国と、単一ではないものの「ある一定数の民族にほぼ限られる」日本では「多様性が全く異なる」のは当然です。

教育においても「多様性を求める」姿勢の米国のほうが「優れた教育」であることは論を待たないでしょう。

ドラムを叩いたことのない僕には、ドラマーのよよかさんの思いはよく分かりませんが、「多種多様な事」が認められる米国に対して、「個性を求めない」日本という気持ちは、とても共感できます。

教育においては、「ある一定の枠組み」は教えられるべきですが、持って生まれたそれぞれの子供の個性を活かすことが重要です。

このことは、僕が中高生だった30年ほど前から言われていたと思います。

当時はまだ日本が世界において相応の立場だった時代でしたので、「日本はこれでいいんだ」という「変化しない」役所的思考で文科省は、そのまま突き進んだと思います。

そう思っていたら、突然「ゆとり教育」となって「円周率は3」みたいな極端な話になりました。

それもまた「行き過ぎ」となって振り子のように戻りました。

教育において最も大事なことは「学ぶ内容」ではなく「学ぶ姿勢」であることに、文科省の方々は気づいていないのです。

だから「内容」ばかり議論になって、試験内容も「共通テストに記述式を」みたいな見当違いな話を延々と協議して、結局中止になります。

特に小学生〜中学生のお子様には「自由に考える」事と「持っている個性」を大事にして欲しいと思います。

そして、絵でも図でも、大きく描いてもらって「好きに描いてみる」ことをお子様にやって欲しいと思います。

目次
閉じる