MENU

子供の個性を大事にして育もう 2|本質的教育と中学受験

前回は「子供の個性を大事にして育もう  1」の話でした。

天才ドラマー「よよかさん」の話を例に、日本の教育の問題点を考えました。

ドラマーというと、音楽家や芸術家・アーティストの部類に入りますから、少し特殊な例になると思います。

しかし、こうした才能の優れた子供、異能を持つ子供が「居心地が良くない」教育は問題であることは間違い無いでしょう。

欧州や米国の教育が、日本の教育よりも優れていることは、随分と前から言われています。

しかし、日本は一向に良くなる気配がないのが実情です。

ならば「どうすればよいのか」という話になります。

この「よよかさん」のように海外へ行くのも一つの手ですし、特に大学以降は海外進学も良いかもしれません。

医師などの国家資格を要する職業に就きたい方で、「日本で活躍したい」または「日本で過ごしたい」方は、日本の大学に行く必要があります。

短期間でも留学したり、海外へ旅に行って様々な経験をすることは、とても良いことだと思います。

f:id:Yoshitaka77:20220404105249j:plain

しかし、それは基本的には大学以降の話となります。

最近は、「第三次中学受験ブーム」とも言われますが、それはこうした「低レベルな日本の教育」に対して、「独自の教育理念・カラーを持つ中学・高校へ大きな期待」を持つ親御様が多いのでしょう。

本来ならば、日本全体の教育がもっと個性を重視したり、ディベートをするようにして「自分の意見を伝える」ことを奨励する環境に変化することが望ましいのですが、文科省が大きく変わらない限り、それはなさそうです。

こうした「日本の教育のレベルの低さ」に対して、様々な中高一貫校は、それぞれ独自に工夫しています。

その一つが、麻布中学の今年の入試問題だったと思います。

優れた人物を多数輩出している麻布中からは「日本の教育が変わらないなら、麻布から日本の教育を変えてみせる」くらいの気持ちを、この問題から感じることができます

本来、子供は100人いたら100人異なるのです。

教育はある規範があるべきですが、全て個性が異なる子供たちを「皆一緒になるように」育てることは問題です。

そして、その子供たちの個性を見ずに「点数」や「偏差値」でレッテルを貼って優劣をつけることは、子供たちにとっては「息苦しい環境」とも言えるでしょう。

この意味においては、最も大事な中学〜高校の時代を、「独自の教育理念・カラー」を持つ学校に通ってもらうことで、個性を大いに活かしてもらうのは良いことと思います。

中学受験されるご家庭は、そうした各学校の「教育理念・カラー」とお子様の個性をよく考えて、「お子様に最も合う」志望校を決定するのが良いと思います。

目次
閉じる