MENU

駄菓子屋さんでお菓子を買いながら、沢山のことを学びましょう!|本質的教育

前回は「自分の国・日本の近現代の歴史を知って、自分なりに考えて歴史を好きになろう!」でした。

今回は、駄菓子屋さんで学ぶ話です。

僕は昭和から平成になる頃に中学生になりましたが、僕たちが子供の頃は駄菓子屋さんがたくさんありました。

都内では小学校の近くにあることが多かったですね。

友達と一緒に10円玉握りしめて、うまい棒や小さなチョコを買ったりして、楽しかった思い出は誰しもあると思います。

少子化やネットの発展などもあって、経産省によると過去20年間で駄菓子屋さんを含む菓子小売業は20年間で70%減少したそうです。

f:id:Yoshitaka77:20211017035627j:plain

100円持っていたら、かなり嬉しくてたくさん買えたし、500円玉持っている友人がいたりすると、とんでもない大金を持っているように感じたものです。

たまたま近くを子供と散歩していたら駄菓子屋算を見つけ、それ以来子供とよく行っています。

f:id:Yoshitaka77:20211017035002j:plain

小さなお店ですが、ガチャガチャもたくさんあって、駄菓子はもちろん、コマやメンコなどの貴重なおもちゃまであって、大人も楽しめます。

子供と一緒に楽しむのも良いこと・貴重な思い出になります。

せっかくの機会ですから「本質的学び」に活かして、たくさんのことを学ぶ機会にしましょう。

f:id:Yoshitaka77:20220127064611j:plain

お菓子やおもちゃを買うだけではなく、子供に「きちんと欲しいものを自分で考えて、選んでもらう」ようにしましょう。

小学生1年生以上ならば、100円などの予算をきちんと明示しましょう。

「あれも欲しい」「これも欲しい」ではなく、「どれがいくらか?」ということを、お店の方にきちんと聞いて、金額を確認した上で選んでもらいましょう。

そうしたことを実地でやることは非常に良い経験で、子供なりにたくさんのことを学ぶと思います。

街中には、たくさんの学びのきっかけがあります。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる