MENU

日本の旧国名を楽しく覚えよう 1〜名前の由来〜|中学受験の地理

前回は「時事問題:半導体の日本のシェア低下〜物流の混乱と日本の国際的地位〜」でした。

今回は、日本の旧国名の話です。

中学入試でも時々出て「愛知県→尾張」など、「ただ暗記する」のは大変です。

もう大体覚えている方も、名前の由来を知って理解を深めてください。

昔の国には「前」「中」「後」が付く国の名前が多いですね。

「豊前・豊後」「越前・越中・越後」などです。

「前」「中」「後」が付く地名に色をつけた地図が下記です。

f:id:Yoshitaka77:20220105164309j:plain
旧日本地図(古地図専門店)「前」「中」「後」の国名 1

それぞれグループで色分けしました。

地図を見て、「前」「中」「後」がつく理由を考えてみてください。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、もしご存知なかったら、ほんの1〜2分考えてみましょう。

何か共通点がありませんか。

f:id:Yoshitaka77:20220105163927j:plain

実は、これらは全て「京(山城)を中心にしている」のです。

山城からの距離が近い方が「前」で、順に「中」「後」になります。

・越・越を考えてみると、この地域は山が多く、今でも「富山県」ですね。

それぞれ、京都(山城)からみて「山を越える前」「山を越えている中」そして、「山を越えた後」になります。

肥前・肥後は「どちらが山城に近いか」は微妙なところです。

山城を中心とすると、薩摩に向かって「奥」となるので、肥が「後」になったのでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20220105164712j:plain
旧日本地図(古地図専門店)「前」「中」「後」の国名 2

今も京都は日本の最重要都市の一つで、多くの外国の方もKyotoはご存知です。

そして、「長年に渡り日本の故郷・中心・重心であり続けた」のです。

その意味では「東京=Tokyoよりも重要」とも言えます。

そもそも、東京の名前の由来は「東の京」です。

これは幕末維新時に、大久保利通が強引に進めて「江戸から東京」へ名前を変えたのです。

徳川の世を終わらせたのだから、江戸から地名を変更すべき。
また、江戸を政治の中心とするならば、天皇陛下には京=山城から江戸に動座頂かねば。
その為に、江戸は「東の京」として生まれ変わるのだ

f:id:Yoshitaka77:20220105165100j:plain
大久保利通(国立国会図書館)

他にも「京=山城が日本の中心・重心である」ことに由来する地名があります。

直前期大変ですが、「ひたすら暗記する間」にも「由来や理由を知ると、歴史や地理も面白くなる」のを感じて下さい。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる