MENU

出題者・採点者が考えていること〜合格力をつけよう!〜2|中学受験

前回は「中学受験の出題者・採点者は考えていること〜合格力をつけよう!〜1」でした。

実際はなかなか機会がないですが、「自分が出題者・採点者だったら」を考えてみるのも楽しいです。

中学受験を考える時、この対象は算数や理科であるとわかりやすいのですが、科目でなくても良いと思います。

例えば、野球がお好きな方でしたら、プロ野球の流れや監督・選手の視点などで、考え方を問う記述式問題を作るのは簡単ですし、楽しいでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20220111173529j:plain

受験において算数の記述式問題を考えます。

出題する数学科教師は自分の好きな分野があって、「それを考えることは趣味」とも言える方々でしょう。

そのような方が出題する時、「これ、解ける?」とちょっとワクワクもしているのです。

あるいは、「どう解くかな?」と採点を楽しみにしています。

記述式試験では親御様・お子様も「出題者・採点者」の視点も少し考えてみて、合格への道を考えてみましょう。

これから入試本番まで緊張の連続で、ワクワクはできないと思いますが、採点者=出題者に対して、自分なりの解法・考え方は思い切って表現してみましょう。

f:id:Yoshitaka77:20211027143502j:plain

基本的に日本は減点主義とも言え、米国などは加点主義と言えるでしょう。

それは別に悪いことではなく国民性や風土でもありますが、やはり加点主義の方が偉大な業績を上げるには相応しいです。

中学受験において、各校の校長・教員が入学して欲しいのは「当校の理念や校風に合い、勉学を積んで適正な学力を持つ」お子様です。

名門・著名な学校は「特殊な才能を保持し、将来何らかの大きな業績を上げうる優れた」お子様が欲しいでしょう。

特徴ある校風を持つ学校の入試問題は「特徴的な問題」であることが多いですから、お子様の個性を入試にも活かせると良いです。

特徴的な校風・理念のある学校は入試の採点方法は、減点主義のみではないでしょう。

別の視点からの採点も必要である、と各校の校長・教師=採点者は考えているはずです。

場合によっては、加点主義が導入されていると思います。

答案を読んで「なるほど」とか「これは、当校の理念に合う考え方だ」と思えば、その設問が10点の配点であっても10点満点で留めないのではないでしょうか。

12点とか15点という点数を「つけることがある」でしょう。

f:id:Yoshitaka77:20211208164126j:plain

「独特の校風・カラーのある学校」へ入りたいと強く希望するならば、そのカラーをイメージしましょう。

入試の際には遠慮せず、自己を強く主張して、その学校への熱意を答案に示してみることは、とても大事です。

そして、大きく合格に近づきましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる