直前期の過ごし方 1〜「間に合う」と考えて合格へ〜|中学受験

前回は「「間に合う」と思う気持ち〜心の持ち方〜|」の話でした。

「模試の判定」で思った成績があげられてない方の話をしました。

「合格率60%」は十分合格できるラインなのですが、ある方からみると「ボーダーライン」なのかもしれません。

考え方は、人それぞれになると思います。

f:id:Yoshitaka77:20211203135122j:plain

第一志望校は「チャレンジになるかもしれない」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

運動靴などで有名なナイキの共同創業者のフィル・ナイトに下記のような言葉があります。

チャレンジしなければ、
成功するかどうかさえ、分からないのだ。

結果は誰もわからないのですが、まずは一生懸命トライして、チャレンジしてみるしかないでしょう。

まずはこれまでの長い時間、お子様と親御様が取り組んできましたことを信じて、突き進むのが良いと思います。

入試当日まで「毎日チャレンジする」くらいの強い気持ちを持って日々を送ることは、高い意識につながると思います。

これからの日々、着実に学力を上げつつ、健康に過ごし「入試当日が最高のコンディション」になるように過ごしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次