「間に合う」と思う気持ち 1〜心の持ち方〜|中学受験

前回は「合格のコツ〜体験記から〜」の話でした。

直前期のこの時期は誰しも、「ちょっと不安になる」ものです。

強い精神力を持った小学生は、それほど多くはないでしょう。

資格試験などの直前は、大人だって不安なものです。

偉業を成し遂げた方の言葉を参考に、落ち込みそうになる気持ちを乗り切って、合格へ走ってゆく話です。

f:id:Yoshitaka77:20211208164126j:plain

元巨人軍で米国大リーグへ行った松井秀喜選手。

松井さんの、あのホームランを打ちまくる姿。

とても格好いいですし、武士のような姿に感銘を受けます。

松井秀喜 選手(Wikipedia)

松井秀喜さんは下記のようなことを言っています。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる。

これは非常に深い言葉ですね。

人生そのものにおける「大事な姿勢」と思います。

直前期の中学受験生は、「習慣が変わる」「人格が変わる」ほど時間はありません。

ですから、下記のように少し省略して考えてみましょう。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば運命が変わる。

まず大事なことは「心」ですね。

今まで頑張ってここまでやってきたことは、立派なことです。

少し落ち込みそうな気持ちになったら、「えいっ」と心を変えてみましょう。

心が前向きになれば、行動もまた前向きになって、

もう少しで・・・

もう少しで、
行きたい中学校へ行けるんだ!

と勉強してみましょう。

もう少しです。

そして、運命が開かれるのです。

運命が開かれて、「4月から志望校へ行くのだ」と思って、残りの日を着実に過ごしてゆきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次