MENU

質問ご回答 1〜模試の判定と志望校に関して〜|中学受験

前回は「中学校側が考えていることを想像して、合格への道をつくり出そう!2」でした。

A君の親御様からご質問を頂きました。

ご質問 1

海城中学校を目指していますが、模試の判定は40~60%程度が多いです。

過去問は正答率が高いのですが、このまま海城を受けるのが良いか、第一志望校をもう少し偏差値の低い学校に変更すべきか、悩んでいます。

子供は海城中学が気に入っているみたいです。

ご意見お聞かせ下さい。

ご質問頂き、有難う御座います。

私なりのご回答としては、まずは結論「志望校は海城のまま変更せず、そのまま努力を続けるのが最良」と考えます。

模試の判定は40〜60%程度あれば「受かる可能性は一定程度はある」ということです。

一つでも「80%以上の判定」が出れば本当は嬉しいですし、自信持っていけますね。

そのお気持ちはよく分かります。

また、過去問の正答率が高いことは良いことです。

正答率といっても、「一度取り組んだことのある問題」か「初見の問題」かによって大きく異なりますが、海城中学の試験問題に対して、お子様は適性があるのでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20211109141612j:plain

安全のために「偏差値の低い学校へ変更した方が良いか」に関しては、基本的には「変更しない方が良い」と考えます。

偏差値という数字は扱いに注意すべきで「偏差値の高い学校の方が上」みたいな錯覚に陥ります。

「偏差値の低い学校」へ志望を変更することは、「諦めなければならないのか」とお子様の意欲を大きく削ぐように思います。

40〜60%の合格率というのはボーダーラインですし、この数字の幅も広いです。

この合格率を頂いたら「60%の合格可能性」と解釈して、「これから頑張れば、合格の可能性は上がる!」と考えましょう。

お子様が合格される可能性は十分に御座いますし、そのままの気持ち、さらに海城中学に通っているイメージを強く持たれて、学力がアップすることを期待したいです。

私個人の意見ですから塾の先生方のご意見などを含めて、お考え頂ければと思います。

お子様が海城中学校に合格・入学されることを心より願っております。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる