MENU

算数実践46〜問題 10(3)(図形)異なる視点で〜|中学受験の算数

前回は「算数実践45〜問題 10(3)(図形)根気よく考えてみよう〜」でした。

今回は(3)を、(2)で考えた面積から求めてみましょう。

目次

問題10(再掲載)

どこの比が必要か?

(2)で面積を求めた状況を振り返りましょう。

この部分の面積を利用するためには、下記のNJ : JIを知りたいですね。

そうすれば、(2)の面積からHJ :JC=2 :21と、NJ : JIで黄色の部分の面積が出ます。

上手い相似形が見つからない時は

と言っても、NJ : JIを一気に求める相似形は、なかなか見えません。

自分でも色々と「ある辺に平行な線」を引いて、相似形を描いてみましょう。

こう言う時は、「いくつかの相似形による辺の比」を考えましょう。

下図でDM :MI=1 : 4 はすぐに分かります。

そして、Fを頂点として、AHと水色の線が平行なので、DNは計算できます。

そして、DN :NI も計算できます。

このように、「いくつか相似形を考えて」NJ : JIを求めましょう。

2日後に解法をご紹介するので、手を動かして考えてみましょう。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる