MENU

算数実践34〜問題 10(1)(図形)矢印の話〜|中学受験の算数

前回は「算数実践 33〜問題 10(1)(図形)正三角形の作り方〜」の話でした。

この問題を「解く鍵」となる「AHとBCが平行」の話でした。

目次

問題 10(再掲載)

f:id:Yoshitaka77:20220319065820j:plain
f:id:Yoshitaka77:20220319065832j:plain

矢印の話 1

今回は「矢印の話」です。

内容は小学生の算数の範囲を超えますが、基本的概念は知っていて良いと思います。

太郎君がお母さんと一緒に図書館に行きます。

f:id:Yoshitaka77:20220324063625j:plain

実際には道路などで道は変わりますが、「大体の感じ」で考えて下さい。

そして、ここでは移動時間・歩く速さなどは考えず、「移動する図形的位置関係」のみ考えます。

「ちょっと公園のブランコで遊んでから、図書館で本読みたい」と太郎君が言うので、先に公園に寄りました。

f:id:Yoshitaka77:20220324063634j:plain

そして、公園から図書館に向かいました。

f:id:Yoshitaka77:20220324063644j:plain

ブランコでちょっと遊んで大満足の太郎君は、手を洗ってお母さんと一緒に図書館に行きました。

矢印の話 2

違う日に、太郎君がお父さんと一緒に図書館に行くことになりました。

家を出た太郎君がちょっと花粉症気味なので、のど飴を買うために先にスーパーに向かいます。

f:id:Yoshitaka77:20220324064404j:plain

スーパーでのど飴買って、図書館に向かいます。

f:id:Yoshitaka77:20220324064413j:plain

矢印の話 3:二つのルートで位置関係は?

これ以外にも様々なルートが考えられますが、「移動した位置関係のみ着目」すると、「ルートが変わっても、太郎君の家から図書館に行った位置関係は同じ」ですね。

f:id:Yoshitaka77:20220324064424j:plain

これは、もともと太郎君の家と図書館の位置が「変わらない」のですから、「当たり前」の話です。

同じようにこの問題で考えてみましょう。

点と点の位置関係を「矢印をつなげてみる」と何か見えませんか?

3〜5分図を描いて、矢印を描いてみましょう。

下の写真の次に、「こう考えたら良い」をお知らせします。

f:id:Yoshitaka77:20220125062301j:plain
f:id:Yoshitaka77:20220324064759j:plain

「点Cと点Fの位置関係」は「点Cから点Bへ行って、点Bから点Fヘ行っても同じ」ですね。

「辺CFの矢印=辺CBの矢印+辺BFの矢印」と考えてみましょう。

すると、何か見えてきませんか?

色々と自分で描いてみて、楽しく試行錯誤してみましょう。

目次
閉じる