MENU

入試算数への視点〜入試における得点力アップの手法〜麻布・栄光・武蔵受験生へ|中学受験

前回は「合格への熱意・強い気持ちを答案に表現して、合格へ大きく近づこう!」の話でした。

「記述式試験において、考えている痕跡は出来るだけ明確に残す」話でした。

「中学への算数12月号」(東京出版)で麻布・栄光学園・武蔵の算数の教師が、学校における数学教育及び入試算数における校風・スタンスを座談会(SAPIXコーディネート)形式で話しています。

中学への算数12月豪(東京出版)

詳しくは記事をご覧頂きたいですが、各校の数学教育が具体的に語られ、入試における考え方も述べられています。

問題・解法が大事な本ですが、本号に関しては、この座談会を読むだけでも本の価格の価値があります。

中学への算数12月号(東京出版)

最難関校を狙っている方にお勧めします

麻布・栄光学園・武蔵志望のお子様・親御様は是非お読み下さい。

入試対策としても大変分かりやすく、学校の校風や雰囲気をイメージには、とても貴重で具体的な座談会です。

特に上記3校の受験者は、お読み頂ければ合格へ大きく近づくでしょう。

目次
閉じる