アインシュタイン 6〜楽器と読書〜|音楽

前回は「アインシュタイン 5〜エジソンとアインシュタイン〜」の話でした。

科学者 Albert Einstein(Wikipedia)
目次

少しのろまな兄と利発な妹

アルバート(5歳)と妹マヤ(3歳)(図説 アインシュタイン 監修:金子務 文:千葉透 河出書房新書)

アインシュタインには2歳下の妹がいました。

二人とも可愛らしいですね。

小学校で教師に「のろま」と言われたアインシュタインは、内向的で、おとなしい子でした。

写真を見ても、妹の方が賢こい感じです。

アインシュタイン兄ちゃんは、少しボーッとした感じでしょうか。

のちに、大天才となるアインシュタインの若き頃のイメージは、このような感じでした。

周囲の遊び相手や大人たちは、まさかこの子が、将来大天才になるとは、とても思わなかったでしょう。

小さな頃に「利発であるかどうか」というのは、それほど重要ではないかもしれません。

英才教育:音楽

母パウリーネの勧めで習い始めたバイオリン。

バイオリン(Wikipedia)

よほど音楽とウマがあったのか、アインシュタインは夢中になります。

バイオリンを弾くのは、
とても楽しい。

アインシュタインの譜面(図説 アインシュタイン 監修:金子務 文:千葉透 河出書房新書)

アインシュタインのメモがある譜面が残っています。

この譜面で何かが分かる訳ではありませんが、ただ「バイオリンを弾く」のではなく、積極性が見られます。

小さな頃にピアノなどの音楽を習う子どもは、多いでしょう。

習う先生の教え方にもよりますが、

譜面に描いて
みよう。

とはなかなか思わないでしょう。

そして、このバイオリンの教育は、母親なりの英才教育だったのでしょう。

読書大好き

内向的だったアインシュタインでしたが、読書が大好きでした。

人と話すより、
読書が好き。

アインシュタインが10歳の頃、よく遊びにきていた医学生タルムート。

これ読んでみな。

10歳にとって、大学生は「かなりお兄ちゃん」です。

中でも、当時ベストセラーだった「通俗自然科学読本」があります。

通俗自然科学読本(1873年刊)(週間100人 No.3アインシュタイン ディアゴスティーニ)

子ども向けの全5巻の自然科学の本です。

これは面白い!

コンパスの不思議さを楽しんでいたアインシュタイン少年。

ここで、科学・サイエンスに出会いました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次