MENU

選択問題の効果的攻略法 5〜暗記だけでなく、イメージにつなげて選択問題を効率的に攻略しよう〜|中学受験の社会

前回は「社会の選択問題の効果的攻略法 4〜選択問題もイメージを思い浮かべて、効率的に攻略しよう〜」でした。

開成中学校の2020年の社会第2問です。

f:id:Yoshitaka77:20211210155928j:plain

次の問9を考えてみてください。

f:id:Yoshitaka77:20211213122132j:plain

今回は「正しいもの」です。

順に見てゆきましょう。

アは家康がキリスト教禁教令の話で、日本人の海外渡航は「どうだったかな?」と思うかもしれません。

海外渡航も禁じたのは三代将軍 徳川家光ですからxですからxですが、よくわからない場合は△にして進みましょう。

徳川家康が亡くなる前年の1615年に豊臣家を滅ぼします、

しかし、この時まで必ずしも徳川家が日本の代表ではなく、形式的には家康は豊臣家の家臣でした。

ですから「そこまで家康が強権を振るうことはできないかな。」と考えましょう。

イは、島原の乱は徳川幕府にとって大変衝撃的な事件でした。

1615年の大坂の陣以降、20年間は比較的平穏でしたから、感覚的には内戦に近いでしょう。

手を焼いた幕府は、なんと13万人もの軍勢を島原に派遣し、なんとか鎮圧しています。

「ポルトガル戦の来航を禁止した」のですが、ちょっとわからなくても、「あの大変な事件のあとは、キリシタン関係のポルトガルの来航を禁止しそうだな」と考えて、ほぼ○です。

f:id:Yoshitaka77:20211203135122j:plain

ウは長崎に来航して交易することを認められたのは、オランダと中国のみで、朝鮮は対馬・宗氏を介しています。

xなのですが、このことを知らない場合「そうかもしれない」と考えると△となります。

エは「江戸期を通じて」が気になります。「通じて」ということは「江戸期ずっと」になりますから、「少しの期間でもそうでなかった」可能性がありますから、xです。

実際は、蝦夷地が幕府の直轄となったのは、ロシアやアメリカなどの船が来て、防衛のために直轄地とした江戸末期です。

それまでは、松前藩が蝦夷地を管理していました。

歴史で否定することは難しいので、基本的にxというお話をしました。

このように「通じて」など「ある期間ずっと」というのは、「必ずしもずっとではない」可能性が高いので、xであることが多いです。

f:id:Yoshitaka77:20211213122149j:plain

上記の様になります。

答えはイとなります。

多くの受験生の方が、日本歴史のまんがをお読みでしょう。

島原の乱では、徳川幕府がかなり手を焼いたように描かれているでしょう。

そういうイメージは頭に入れておきましょう。

「島原の乱は、幕府にとってとても大変な事件だったんだな」というイメージがあれば、その反動で将軍が強硬策に出ることが想像できます。

「日本人の海外渡航を禁止」というのは、現代ほど人の流れがなかったとしても、「かなり強硬な政策」です。

そういう「かなりのこと」を徳川家光が強行したイメージが大事です。

徳川家光が「私は生まれながらの将軍である!」と宣言した「強い将軍のイメージ」と重なります。

そういうふうにイメージをつなげてゆくと、暗記もしやすくなります。

直前期は大変で「ひたすら暗記」することも必要かもしれませんが、「きちんと頭に残ること」が大事です。

「量をこなさなくては」と焦る気持ちも分かりますが、明確に知識として定着することも大事です。

もう少し学んで、知識をどんどん増やして暗記問題に強くなって、合格しましょう!

目次
閉じる